レアルが久保建英を「特別体制でスパイ」 スカウティング部隊を“直接対決”に派遣か

MF久保建英はマジョルカの一員としてレアル・マドリードと対戦する【写真:Getty Images】
MF久保建英はマジョルカの一員としてレアル・マドリードと対戦する【写真:Getty Images】

19日の次節で“保有元”と初対戦 レアル側がマジョルカ久保のプレーを注視へ

 マジョルカの日本代表MF久保建英は、10月のカタール・ワールドカップ(W杯)アジア2次予選の2連戦に招集されたものの、10日の本拠地モンゴル戦(6-0)では出番なし、15日の敵地タジキスタン戦(3-0)では後半41分からの出場となり見せ場を作れなかった。本人にとっては不完全燃焼な結果になったはずだが、クラブに戻ってからの初戦でビッグマッチを控えている。現地時間19日のリーガ・エスパニョーラ第9節で、本拠地ソン・モイシュに首位レアル・マドリードを迎える大一番。久保にとっては“保有元”との初対戦になるなか、レアル専門メディア「Defensa Central」は「特別体制でスパイされる」と報じている。

 今夏J1リーグのFC東京からスペインの名門レアルに完全移籍した久保は、カスティージャ(レアルB)所属ながらトップチームの北米遠征などプレシーズンツアーに帯同。スペイン代表DFセルヒオ・ラモスやベルギー代表MFエデン・アザール、元フランス代表FWカリム・ベンゼマらとともにプレーし、その名は世界に知れ渡った。そして8月、スペイン1部での出場機会を求めてマジョルカに期限付き移籍。ここまでリーグ戦6試合に出場し、第5節ヘタフェ戦(2-4)では初アシストをマークしている。

 レアルは今季から、レンタル移籍中の選手が自チームとの試合に出場できない条項を撤廃しており、久保も19日のソイ・モイシュでの一戦に出場可能だ。そうしたなか「Defensa Central」は、「久保、レアル・マドリードに特別体制でスパイされる」との見出しで特集。レアルは期限付き移籍中の久保を「“監視”するためソン・モイシュにスカウティングチームを送り込む」という。

「タケフサ・クボは今週土曜、ソン・モイシュでの試合で大きな象徴の一つになる。日本人選手はレアル・マドリード戦でビセンテ・モレノ監督のチームで先発出場する可能性がある。自身にとって将来のチームを相手に輝きを放つビックチャンスを手にすることになる」

 同メディアによれば、レアル側は日本代表に招集されていた久保が10日のモンゴル戦で出番なしに終わったことを受け、19日の試合でマジョルカのスターティングメンバーに名を連ねると見ているという。

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング