植田直通、10番・中島の“知られざる素顔”に言及 「面白いヤツ」「ボケることもある」

植田(右)が中島の素顔を語った【写真:Football ZONE web】
植田(右)が中島の素顔を語った【写真:Football ZONE web】

タジキスタンへの移動中は中島との会話でリラックス「いつも僕とアイツを隣に(笑)」

 森保一監督率いる日本代表は、15日に行われるカタール・ワールドカップ(W杯)アジア2次予選タジキスタン戦に向けて現地でトレーニングを再開した。10日のホーム・モンゴル戦(6-0)翌日に日本を発ち、11日深夜前にタジキスタン入りする過密日程となったが、DF植田直通(セルクル・ブルージュ)は「かなり面白いヤツだし、ボケることもある」と背番号10の“素顔”を明かしている。

 森保ジャパンは10日のW杯予選モンゴル戦でMF南野拓実(ザルツブルク)の先制点を皮切りに、DF吉田麻也(サウサンプトン)、DF長友佑都(ガラタサライ)、FW永井謙佑(FC東京)、MF遠藤航(シュツットガルト)、FW鎌田大地(フランクフルト)と続き、6発のゴールラッシュで快勝を飾った。

 一行は翌日に日本を出発し、11日深夜直前にタジキスタン入り。12日16時半から試合会場となるリパブリカン・セントラル・スタジアムで現地初トレーニングを行った。モンゴル戦で先発したフィールドプレーヤーは別メニュー調整となったなか、出番のなかった植田は負荷の高いメニューもこなして約90分間みっちり汗を流した。

 練習後の取材エリアでは、ハードな移動やスタジアムの人工芝に関する質問が多く飛んだが、同じリオデジャネイロ五輪世代の中島が移動の際は“寝るか植田と話している”と答えたことを伝え聞いた植田は、「代表スタッフも、いつも僕とアイツを隣にするので(笑)」と冗談を交えながら、選手目線で背番号10の“素顔”を明かした。

【CL開幕!登録初月無料!】2019-20シーズンのチャンピオンズリーグ・ヨーロッパリーグもDAZNが独占配信!

>>【PR】イングランド・プレミアリーグをDAZN(ダゾーン)で見よう!ネットでの視聴方法はこちら!

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング