「あれは僕のミス」 天を仰いだ長谷部誠、悔やんだワンプレーと仲間からの信頼

フランクフルトMF長谷部誠【写真:Getty Images】
フランクフルトMF長谷部誠【写真:Getty Images】

ブレーメン戦で終了間際に痛恨のPK献上、“勝ち点2”を取り損ねる

 思わず天を仰いだ。

 審判の笛を待つまでもない。元日本代表MF長谷部誠は、すぐに自分がやってしまったことを分かっていた。

 ホームにブレーメンを迎えた6日のブンデスリーガ第7節の一戦、後半43分にフランクフルトがFWアンドレ・シウバのゴールで逆転に成功し、あと数分で勝ち点3を手にすることができるはずだった。だが後半アディショナルタイム1分、GKフレデリク・レノウがセーブしてこぼれたボールが、ペナルティーエリア内にこぼれた。必死に駆け出し、足を伸ばした長谷部よりも早く、ブレーメンMFデイヴィ・クラーセンがボールに触っていた。響き渡る笛の音。土壇場でPKを与えてしまった。

「そうですね、完全にPKだった。自分は、ボールにアタックしようという感覚はあったんですけど、相手のほうが早くボールに触って。あそこは触ったら、相手もね。PKは取りに来てるかなというのはあった」

 長谷部は試合後、そう振り返っていた。そして悔やんだのは、この直前のシーンのほうだった。

 ブレーメンGKジリ・パブレンカが、前線にロングボールを蹴りこんでくる。長谷部はすばやく落下地点に入ったが、クリアしきれない。そこからピンチになり、最後のところにつながってしまった。

「GKからロングボールが来た時に、あそこの処理をもう少し上手くできたら、あそこまで行ってなかったと思う。本当に最後のところの集中力という部分で、欠けてはいけないところで欠けていたのかなと思いますね」

 GKがPKを防いでくれることを祈ったが、ブレーメンのMFミロト・ラシツァが落ち着いてゴール。残り時間はほとんどなく、2-2のまま試合終了となった。今季のブンデスリーガは独走しているチームがない分、この日勝てば上位に食い込むことも可能だった。そうなれば満足して代表中断期にも入れただろう。悔やんでも悔やみきれない。

 だからといって長谷部は、いつまでも引きずったりはしない。試合後のミックスゾーンでは落ち着きを取り戻し、いつもどおりの明瞭な口調で対応してくれた。

「試合自体も90分通して自分たちが主導権を握ってましたし、そのなかで非常にいいゲームができていたと思う。相手も引いていい守備をしていたなかで、最後にウチが勝ち越してね、これで勝てるというところで、最後自分がPKを与えてしまったので。まあ、自分の責任というのは非常に感じていますし、個人的には勝ち点2は自分で失ったかなと感じてますね」

page1 page2

中野吉之伴

1977年生まれ。武蔵大学人文学部欧米文化学科卒業後、育成層指導のエキスパートになるためにドイツへ。地域に密着したアマチュアチームで様々なレベルのU-12からU-19チームで監督を歴任。2009年7月にドイツ・サッカー協会公認A級ライセンス獲得(UEFA-Aレベル)。SCフライブルクU-15チームで研修を積み、2016-17シーズンからドイツU-15・4部リーグ所属FCアウゲンで監督を務める。『ドイツ流タテの突破力』(池田書店)監修、『世界王者ドイツ年代別トレーニングの教科書』(カンゼン)執筆。最近はオフシーズンを利用して、日本で「グラスルーツ指導者育成」「保護者や子供のサッカーとの向き合い方」「地域での相互ネットワーク構築」をテーマに、実際に現地に足を運んで様々な活動をしている。

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング