久保vsウー・レイの日中対決へ 現地も「アジアダービー」に関心「極東の偉大な2人」

注目は久保対ウー・レイのアジア出身選手の激突だろう【写真:Getty Images】
注目は久保対ウー・レイのアジア出身選手の激突だろう【写真:Getty Images】

エスパニョール戦で中国人選手初のリーガ得点者であるウー・レイと激突

 日本代表MF久保建英が所属するスペイン1部マジョルカは、現地時間6日のリーガ・エスパニョーラ第8節でエスパニョールと対戦する。お互いに降格圏同士、連敗を脱出できるか重要な一戦となるが、もう一つの注目は久保対中国代表FWウー・レイのアジア出身選手の激突だ。海外メディアも「アジアダービー」として熱視線を送っている。

 久保は第6節アトレチコ・マドリード戦(0-2)から2試合連続で先発出場を果たしているが、チームはリーグ戦3連敗中。開幕戦でエイバルに勝利(2-1)して以降、6戦未勝利(1分5敗)と苦しんでいる。

 エスパニョール戦で苦境脱出のきっかけをつかめるか重要なポイントになるが、もう一つ注目を集めているのが久保とエスパニョールに所属するウー・レイのアジア出身選手の対決だ。

 27歳のウー・レイは、2019年1月に母国の上海上港からエスパニョールへ移籍。昨季のバジャドリード戦でスペイン初ゴールを挙げ、中国人選手初のリーガ得点者となった。2年目の今季はゴールこそないが、4試合でスタメンを務めるなど主力の座をつかみつつある。

 スペイン紙「Ultima Hora」は、「ソン・モイス(マジョルカの本拠地)でアジアダービー」と題し、「極東の偉大なサッカー選手2人は、マジョルカとエスパニョールにそれぞれ直接的な影響を及ぼす」とフォーカス、18歳の久保については「新世代のリーダーとしても期待される」と、日本でも大きな期待を背負っていることを紹介している。

 リーガデビューを飾ったバレンシア戦では、韓国代表MFイ・ガンインと対戦した久保。今回の“アジアダービー”で、チームに浮上のきっかけをもたらすプレーを見せられるだろうか。

>>【PR】イングランド・プレミアリーグをDAZN(ダゾーン)で見よう!ネットでの視聴方法はこちら!

(Football ZONE web編集部)


page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング