1位は衝撃の“リフティング20mボレー弾” インテルの「ユーベ戦歴代TOP5ゴール」選出

インテルの「ユベントス戦歴代トップ5ゴール」を選出【写真:Getty Images】
インテルの「ユベントス戦歴代トップ5ゴール」を選出【写真:Getty Images】

注目の“イタリア・ダービー”を前に英メディアが動画を公開

 イタリア・セリエAで開幕6連勝を飾り首位を走るインテルは、現地時間6日の第7節で本拠地サン・シーロに5勝1分で2位のユベントスを迎える。伝統の“イタリア・ダービー”は無敗同士による首位決戦とあって、イタリア国内では例年以上の盛り上がりを見せているが、英サッカー専門サイト「Dugout」はインテルの「ユベントス戦歴代トップ5ゴール」を選出し動画を公開。1位には2009-10シーズンの対戦で生まれた衝撃のゴールが選ばれた。

【PR】サッカー観るならDAZN、オリジナルコンテンツも充実 入会はこちら

 名門2クラブによるダービーマッチには、これまで数多くのスター選手が出場し躍動してきた。今回はインテル側の視点で、本拠地サン・シーロで生まれたスーパーゴールを5つセレクトしている。

 5位は2004-05シーズンに生まれた元イタリア代表FWクリスティアン・ヴィエリの一撃。“重戦車”と呼ばれたストライカーは左サイドで浮き球パスに反応すると、ワンバウンド後にペナルティーエリア内で左足を振り抜く。角度のない位置からだったが、低く抑えた力強い一撃がファーサイドネットに吸い込まれた。

 4位は1990-91シーズン、ドイツの闘将MFローター・マテウスが決めた強烈なミドルシュートだ。右サイドからのグラウンダークロスをFWが丁寧に落とすと、約20メートルの距離からマテウスがダイレクトで右足を一閃。矢のような一撃がゴール左隅を射抜いた。

 3位は90年代中盤のチームを支えた元ウルグアイ代表FWルベン・ソサのFK弾。93-94シーズンの試合でゴールまで約20メートル、右寄りの位置で直接FKのチャンスを得ると、“ゴールの詩人”と呼ばれたソサが左足を振り抜く。シュートはスピード、コースとも完璧で、相手GKが反応し切れないままネットを揺らした。

 そして2位に選ばれたのも、観る者を釘付けにするゴラッソだ。2001-02シーズンの一戦、敵陣左サイドからのクロスが相手に当たり、そのこぼれ球を元オランダ代表MFクラレンス・セードルフが拾う。素早くターンをして中央にボールを運ぶと、ゴールまで約30メートルの位置から右足を強振。ややアウトサイドにかかった一撃は、相手GKから逃げるような弾丸シュートとなり、ゴール右隅に突き刺さった。

page1 page2 page3

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング

  1. 「これがレベル差」 セルジオ越後氏&松木安太郎氏、ブラジル戦「日本のベスト選手」で意見一致「パラグアイ戦であんなにいたのに」

  2. 森保ジャパン、ベテラン2選手へ「代表レベルではない」「そろそろ世代交代してもいい」…酷評の声多数【読者評価】

  3. 「サムライの屈辱」 日本代表の1998年W杯GKユニフォーム、“史上最悪”ジャージ選出に韓国注目「ダンスホールでしか見られない」

  4. 「上手い」「すごかった」 久保建英、B・シウバ彷彿の圧巻キープ→“ヌルヌル”ドリブルで相手置き去りに驚き

  5. 「冗談でしょ?」 イングランド代表の新ユニフォーム、“グラデ”流出デザインが不評「醜い」「がっかりだ」

  6. 「私服かっこいい」 セルティック古橋亨梧、同僚2人&女子2選手とミュージカル満喫報告に「素晴らしい夜」

  7. 「とにかく美しい」 フランス代表の新ユニフォーム流出、“ネイビー×ゴールド”のシンプルデザインを海外絶賛「控えめで上品」

  8. 「年間オウンゴール大賞!」 日本人MF、まさかの“衝撃ループ”に海外騒然「信じられない」

  9. 「え…ナニコレ」「やばい」 J1磐田の本拠スタジアムが大雨で浸水被害、水一面のロッカールームに驚き「なんじゃこりゃ」

  10. 「欧州最高の日本人」トップ5を海外選出 1位は「怪物」、日本代表の次期エース候補も