1位は衝撃の“リフティング20mボレー弾” インテルの「ユーベ戦歴代TOP5ゴール」選出

インテルの「ユベントス戦歴代トップ5ゴール」を選出【写真:Getty Images】
インテルの「ユベントス戦歴代トップ5ゴール」を選出【写真:Getty Images】

注目の“イタリア・ダービー”を前に英メディアが動画を公開

 イタリア・セリエAで開幕6連勝を飾り首位を走るインテルは、現地時間6日の第7節で本拠地サン・シーロに5勝1分で2位のユベントスを迎える。伝統の“イタリア・ダービー”は無敗同士による首位決戦とあって、イタリア国内では例年以上の盛り上がりを見せているが、英サッカー専門サイト「Dugout」はインテルの「ユベントス戦歴代トップ5ゴール」を選出し動画を公開。1位には2009-10シーズンの対戦で生まれた衝撃のゴールが選ばれた。

 名門2クラブによるダービーマッチには、これまで数多くのスター選手が出場し躍動してきた。今回はインテル側の視点で、本拠地サン・シーロで生まれたスーパーゴールを5つセレクトしている。

 5位は2004-05シーズンに生まれた元イタリア代表FWクリスティアン・ヴィエリの一撃。“重戦車”と呼ばれたストライカーは左サイドで浮き球パスに反応すると、ワンバウンド後にペナルティーエリア内で左足を振り抜く。角度のない位置からだったが、低く抑えた力強い一撃がファーサイドネットに吸い込まれた。

 4位は1990-91シーズン、ドイツの闘将MFローター・マテウスが決めた強烈なミドルシュートだ。右サイドからのグラウンダークロスをFWが丁寧に落とすと、約20メートルの距離からマテウスがダイレクトで右足を一閃。矢のような一撃がゴール左隅を射抜いた。

 3位は90年代中盤のチームを支えた元ウルグアイ代表FWルベン・ソサのFK弾。93-94シーズンの試合でゴールまで約20メートル、右寄りの位置で直接FKのチャンスを得ると、“ゴールの詩人”と呼ばれたソサが左足を振り抜く。シュートはスピード、コースとも完璧で、相手GKが反応し切れないままネットを揺らした。

 そして2位に選ばれたのも、観る者を釘付けにするゴラッソだ。2001-02シーズンの一戦、敵陣左サイドからのクロスが相手に当たり、そのこぼれ球を元オランダ代表MFクラレンス・セードルフが拾う。素早くターンをして中央にボールを運ぶと、ゴールまで約30メートルの位置から右足を強振。ややアウトサイドにかかった一撃は、相手GKから逃げるような弾丸シュートとなり、ゴール右隅に突き刺さった。

page1 page2 page3

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング