マジョルカ久保建英は球際マスター!?  2戦フル出場の必然性を物語る“デュエルの強さ”

マジョルカMF久保建英【写真:Getty Images】
マジョルカMF久保建英【写真:Getty Images】

アラベス戦は地上戦のデュエル12回中8回に勝利 アトレチコ戦でも最多デュエルを記録

 スペイン1部マジョルカの日本代表MF久保建英は、現地時間9月29日のリーガ第7節アラベス戦で2試合連続のフル出場を果たした。スタメン出場した選手の中ではタッチ数がチーム最少と思うようにボールを受けられなかったなか、地上戦のデュエル数はチーム最多をマーク。後半には相手の激しいチャージにも倒れないなどデュエルの強さが目を引いている。

【PR】サッカー観るならDAZN、オリジナルコンテンツも充実 入会はこちら

 右サイドハーフで2戦連続スタメンを飾った久保は、前半からドリブル突破を仕掛けようとアクションを起こしたものの、チャンスを創出できない。試合自体も膠着した展開となり、後半途中までスコアレスで推移。マジョルカが後半31分にアラベスにPKを献上して先制を許すと、後半41分にはカウンターから追加点を奪われて0-2で敗れた。

 この日の久保はパスを思うように受けられなかったが、データ分析会社「オプタ」によると、先発したマジョルカの選手で最もタッチ数が少なく26回。ドリブルは4回(成功率75%)、シュートはわずか1本と苦しんだ。一方で、地上戦でチーム最多の12デュエル、デュエル勝率も同2位の75%(1位はDFジョアン・サストレの100%)をマーク。前半27分にはアラベスのガーナ代表MFムバラク・ワカソに強烈なタックルを食らってピッチに打ち付けられたが、後半19分に左サイドのタッチライン際でアラベスのスペイン人DFシモ・ナバーロに背後から激しいチャージを受けても倒れず、すぐさまクロスを上げて当たりの強さを見せた。

 データ分析会社「オプタ」によれば、久保はリーガ初先発出場を飾った第6節アトレティコ・マドリード戦でもゲームハイの15デュエル。うち地上戦には13回のうち7回に勝利していた。

 ゴールという結果は残せていないものの、持ち前のテクニックに加え、世界最高峰のスペイン1部でデュエルでも渡り合っているのは評価に値する点だろう。

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング