ザルツブルク奥川雅也、「ファンタスティック」な今季4点目を現地称賛 「夢のゴール」

ザルツブルクMF奥川雅也 【写真:Getty Images】
ザルツブルクMF奥川雅也 【写真:Getty Images】

南野が欠場したなか、ロングパスに合わせる右足ボレーでチーム3点目を奪う

 オーストリア1部ザルツブルクのMF奥川雅也は現地時間28日、リーグ第9節オーストリア・ウィーン戦に先発フル出場し、1得点1アシストで4-1の快勝に貢献した。現地メディアは「夢のゴール」とその活躍を称賛している。

【PR】サッカー観るならDAZN、オリジナルコンテンツも充実 入会はこちら

 奥川は今季開幕2試合で連続ゴールを挙げ、14日の第7節ハルトベルク戦(7-2)では今季3点目をマーク。オーストリア・ウィーン戦では日本代表MF南野拓実がベンチスタートとなったなか、奥川が先発出場を果たした。

 試合は開始早々にオウンゴールでオーストリア・ウィーンにリードを奪われる展開となった。しかし、前半33分にMFマジード・アシメルのゴールで同点に追い付くと、同43分にはロングパスから右サイドを抜け出した奥川のクロスにマリ代表FWセク・コイタが合わせ、逆転ゴールを決めている。

 そして迎えた後半10分、奥川の見せ場がやってくる。センターサークル付近からのロングボールに対して、斜めのランニングでディフェンスラインの裏に抜け出すと、難しい体勢から右足でダイレクトボレー。難易度の高い一撃がネットを揺らし、リードを2点に広げた。

 その後もコイタが自身2点目となるチーム4点目を奪い、ザルツブルクは4-1で快勝。今季の成績を8勝1分として、首位を独走している。

 オーストリアメディア「weltfussball」は「アシメルと奥川による夢のゴール」として、21歳のアシメルと23歳の奥川が見せた活躍を絶賛。また、「ligaportal.at」は「マサヤ・オクガワはコイタのパスに抜け出し、勝利を手繰り寄せるファンタスティックなゴールを決めた」と描写しており、ゴールの“芸術性”に高い評価を与えている。

 ドイツのスポーツ専門メディア「Spox.com」によると、ジョゼ・マーシュ監督は「先制されてもチームは動揺しなかった」と胸を張ると同時に、「オクガワは素晴らしかった」と名指しで称賛もしていたという。首位独走中のザルツブルクには激しいポジション争いもあるが、指揮官へのアピールという意味でも大きな活躍となったようだ。

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング

  1. 「これがレベル差」 セルジオ越後氏&松木安太郎氏、ブラジル戦「日本のベスト選手」で意見一致「パラグアイ戦であんなにいたのに」

  2. 「上手い」「すごかった」 久保建英、B・シウバ彷彿の圧巻キープ→“ヌルヌル”ドリブルで相手置き去りに驚き

  3. 「私服かっこいい」 セルティック古橋亨梧、同僚2人&女子2選手とミュージカル満喫報告に「素晴らしい夜」

  4. 「醜い書体だ」「ファンが困惑」 イングランド新ユニフォーム、“ヘビーメタル風”背番号&ネームフォントが酷評

  5. 「ファンが涙」 イングランド代表のW杯新ユニフォーム、不評デザインに反響拡大「今まで見た中で最悪」

  6. 偶然?故意? J2の珍事が話題…蹴ったボールが審判にヒット→FW退場に賛否「退場やむなし」「審判が感情的に見えた」

  7. 「なんて選手だ」 なでしこ長谷川唯“圧巻20mFK弾”に海外喝采、GK無力化のスーパーゴール「信じられない」

  8. 「奇抜」「威圧感がある」 韓国代表のW杯新ユニフォーム、ホーム&アウェー用デザインに海外注目

  9. なぜ誰も触れない? 三笘薫、漫画級“ファントムドリブル弾”に衝撃「ネイマールもムバッペもやるやつ」「コース神!」

  10. 「サッカーは結局のところ個」 本田圭佑、アメリカ戦を前に持論を展開し反響「奥深い」「まちがいない」

  1. 「史上最悪のデザインだ」 カタールW杯出場6か国ユニフォームが酷評、海外注目「新次元のトラブル」

  2. 「これがレベル差」 セルジオ越後氏&松木安太郎氏、ブラジル戦「日本のベスト選手」で意見一致「パラグアイ戦であんなにいたのに」

  3. 日本代表の新ユニフォームを正式発表 カタールW杯で着用、コンセプトは「ORIGAMI」

  4. 「動き神すぎんか」 ソシエダ久保建英、決勝弾を導いた見事な囮役 “パスコースぽっかり”に絶賛「2枚剥がした」

  5. 「サムライの屈辱」 日本代表の1998年W杯GKユニフォーム、“史上最悪”ジャージ選出に韓国注目「ダンスホールでしか見られない」

  6. 「冗談でしょ?」 イングランド代表の新ユニフォーム、“グラデ”流出デザインが不評「醜い」「がっかりだ」

  7. 「上手い」「すごかった」 久保建英、B・シウバ彷彿の圧巻キープ→“ヌルヌル”ドリブルで相手置き去りに驚き

  8. 「私服かっこいい」 セルティック古橋亨梧、同僚2人&女子2選手とミュージカル満喫報告に「素晴らしい夜」

  9. 「欧州最高の日本人」トップ5を海外選出 1位は「怪物」、日本代表の次期エース候補も

  10. 「とにかく美しい」 フランス代表の新ユニフォーム流出、“ネイビー×ゴールド”のシンプルデザインを海外絶賛「控えめで上品」