初先発のマジョルカ久保、アトレティコ戦フル出場も敗戦… 右足シュートはポスト直撃

リーガ初先発を飾ったMF久保建英【写真:Getty Images】
リーガ初先発を飾ったMF久保建英【写真:Getty Images】

1点ビハインドの後半2分、PA内でスルーパスに反応してシュートもリーガ初得点ならず

 スペイン1部マジョルカは現地時間25日、リーガ・エスパニョーラ第6節で強豪アトレティコ・マドリードと対戦。日本代表MF久保建英は移籍後初スタメンを飾ったが、後半開始早々のビッグチャンスをモノにできず、0-2で完敗を喫した。

 久保は4-1-4-1の右サイドハーフでスタート。序盤はボールを触る機会も多く、右サイドからドリブルを仕掛ける姿も何度か見られた。チームもブロックを築いてアトレティコの鋭いショートカウンターをなんとかしのいでいたが、徐々に地力の差が現れていく。

 前半26分、アトレティコがセットプレー崩れからスペイン代表MFコケのクロスを中央にいたスペイン代表FWジエゴ・コスタがヘディングで合わせて今季初ゴールで先制する。その4分後にはゴール前でボールを受けた19歳のポルトガル代表FWジョアン・フェリックスがオーバーヘッドでマジョルカの選手のハンド誘発を誘発。一度はPKの判定が下ったが、VAR(ビデオ・アシスタント・レフェリー)による映像確認の末、マジョルカMFイドリス・ババのクリアがフェリックスの腕に当たってハンドだったとしてPKは取り消しとなった。

 しかし、マジョルカは失点を逃れたのも束の間、前半35分にアトレティコがフェリックスを起点としてコスタにつなぎ、最後は右サイドバックのコロンビア代表DFサンティアゴ・アリアスのシュート。ボールはポストをかすめてわずかに外れた。終了間際にはフェリックスのヘッドが襲い掛かるが、これはGKマノロ・レイナの好セーブでなんとか難を逃れた。

 久保は守備に奔走する時間が長く、連携プレーも息が合わずにボールロストする場面が散見。0-1というスコア以上に力の差を見せつけられる形で前半を折り返した。

 後半2分、マジョルカはショートカウンターで久保が持ち込み、MFダニ・ロドリゲスのスルーパスに右足シュート。久保の一撃はアトレティコのモンテネグロ代表DFステファン・サビッチの足に当たって右ポストを叩き、スロベニア代表GKヤン・オブラクの手をかすめてゴールライン上に飛んだが、かき出されて初ゴールはならなかった。直後の後半4分にも、久保は相手GKのミスを拾ってシュートを放つもこれは枠外に終わった。

 マジョルカは後半20分に左サイドを崩され、ゴール前のこぼれ球をアトレティコFWフェリックスが反転シュート。FWアンテ・ブディミルに当たったボールが左ポストに当たり、2点目のゴールを許してしまった。

 後半25分には、ゴール前のこぼれ球を拾った久保が右サイドから絶妙なクロスを上げるも、途中出場したFWアブトン・プラツのヘディングシュートはGK正面で防がれた。

 アトレティコは後半32分に途中出場のスペイン代表FWアルバロ・モラタが2枚目のイエローカードで退場処分となり、マジョルカは数的優位に。しかし、最後までゴールを奪うことはできず、久保はリーガ初のフル出場を果たしたが、アトレチコに0-2で敗れた。

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング