「殻を破った」 初アシストの久保、スペイン人記者が“結果”に称賛「重要な日となった」

マジョルカMF久保建英【写真:Getty Images】
マジョルカMF久保建英【写真:Getty Images】

【現地発】マジョルカサポーターに取材していたスペイン人記者が見る久保の現在地

 マジョルカの日本代表MF久保建英は現地時間22日、「DAZN」が放送するリーガ・エスパニョーラ第5節のヘタフェ戦(2-4)で途中出場し、スペイン上陸後初アシストを記録した。現地に訪れていたスペイン人記者は久保について「数字に残る結果を残さなければならない」と指摘しつつ、アシストを記録したことについて「彼にとっては重要な日となった」と振り返っている。

 ヘタフェの本拠地コリセウム・アルフォンソ・ペレスの周辺は試合前、青一色に染まっており、敵地に乗り込むマジョルカにとっては完全アウェーの状況となっていた。スタジアム前ではスペインのテレビ番組「エル・チリンギート」がインタビューを行なっており、マジョルカサポーターに直撃していた。

 合間に声を掛け、久保に関して質問すると「もちろん注目している。私が行なっているインタビューでも、今君が行なっているように『タケをどう思うか?』と尋ねているよ」と、レアル・マドリードの看板を背負ってマジョルカに期限付き移籍した久保を中心に取材していることを明かした。

 久保については「リーガでプレーする権利を持っていることは間違いない。それだけのポテンシャルは備えている」と太鼓判を押しつつも、「ただ、技術の優れた選手はスペインにはたくさんいる。そのうえで、数字に残る結果を残さなければ、生き残れない。タケは今その壁にぶつかっているところだろう」と、結果を出す必要性を説いていた。

page1 page2 page3

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング