宮市亮、元日本代表の「かっこいい大先輩」との再会に感激 「料理上手」「おもしろい」

ザンクト・パウリのMF宮市亮【写真:Getty Images】
ザンクト・パウリのMF宮市亮【写真:Getty Images】

ハンブルクで「お世話になっていた」酒井高徳との再会を報告

 ドイツ2部ザンクト・パウリの元日本代表MF宮市亮が22日、自身の公式インスタグラムを更新し、J1ヴィッセル神戸の元日本代表DF酒井高徳との2ショットを公開した。酒井がドイツでプレーしていた際に「お世話になっていた」間柄で、仲睦まじい様子を見せた“イケメンコンビ”の写真にファンから反響が寄せられている。

 宮市は中京大中京高在学中の2010年12月にイングランドの名門アーセナルと契約。その後は期限付きでフェイエノールトに移籍するなど順風満帆なキャリアを積み重ねると思われていた。だが、期限付き移籍を繰り返すなかで、両膝の前十字靭帯を断裂するなど大怪我に苦しんできた。それでも、負傷を乗り越えて復帰。現在、ザンクト・パウリではレギュラーをつかみ取り、再び輝かしい道を歩もうとしている。

 そんななか、自身のインスタグラムで「大先輩」と慕う酒井との2ショットをアップ。「高徳くんにお会いしました! ずっとハンブルクでお世話になってた高徳くん! 神戸に移籍をして中々会えなくなってしまったけど、怪我の期間も本当に気にかけてくれて本当に助かったなー。本当に漢気あってかっこいい大先輩です!」と感謝の気持ちを綴った。ハッシュタグでは「#料理上手」「#おもしろい」「#頼り甲斐ある」と、酒井の意外とも言える一面も明かしており、久しぶりの再会が楽しいひと時だったことが窺える。

 貴重な“イケメン”2ショットには大きな反響が寄せられ、コメント欄では「おふたりとも最高です」「素敵な写真とエピソード」「イケメン、面白い、頼りがいある、良いパパ最高ですね」「二人の日本代表復帰を願っていますよー」と、多くのファンが再会に歓喜していた。

 ザンクト・パウリは現地時間16日に行われた第5節ハンブルガーSV戦を2-0で勝利。59年ぶりに“ハンブルクダービー”をホームで制した。“兄貴分”酒井が所属していたクラブを相手にフル出場で白星に貢献した宮市。パワーをもらった26歳は、今季ドイツの地で躍動しそうだ。

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング