“失業中”の名将ベンゲル、FIFA入り? 数週間以内に技術委員会へ入閣と海外報道

ベンゲル氏がFIFAの技術委員会に入閣か【写真:Getty Images】
ベンゲル氏がFIFAの技術委員会に入閣か【写真:Getty Images】

現場復帰を狙うベンゲル、“完璧なオファー”を受けるまでFIFAで仕事か

 かつてJリーグの名古屋グランパスを率い、1996年から2018年まで22シーズンにわたってアーセナルの監督を務めた名将アーセン・ベンゲル氏が、今後数週間のうちに国際サッカー連盟(FIFA)の技術委員会に入閣するオファーを受け入れる可能性が高いようだ。英紙「メトロ」が報じている。

 昨年5月に22年間率いたアーセナルの監督を退任し、現在はフリーの立場となっているベンゲル氏は、再び監督として現場に戻りたい意向を示しているが、なかなか次の行き先を決めることができないでいる。

 そうしたなか米スポーツ専門局「ESPN」によると、ベンゲル氏は適切なオファーを待つ間、FIFAでの役割を受け入れることを決めたと伝えている。

 もちろん、ベンゲル氏の優先事項は監督への復帰。フランス代表監督のポストには常に意欲を見せていると伝えられているが、2020年まで契約を結ぶディディエ・デシャン監督の下でチームはロシア・ワールドカップ優勝を果たすなど成長し続けており、新たなオファーを提示する可能性は高いと見られている。

 ベンゲル氏がもしFIFAに入閣することになれば、彼の専門知識を活用できる技術委員会の役割を担うと予想される。本人としても自身の考える完璧なオファーを受け取るまで、世界のサッカーの動きを把握することができるFIFAに入ることはプラスと言えるだろう。

 アーセナルを退団して以降も専門家として働き、サッカーに定期的に関わり続けているベンゲル氏だが、ひとまずFIFA入りという流れに落ち着くのかもしれない。

(Football ZONE web編集部)

page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング