レアルの新監督は? ジダンの後任候補3人をスペイン紙が名指し、クラブOBも浮上

アッレグリ、モウリーニョとともにOBのラウールが候補に【写真:Getty Images】
アッレグリ、モウリーニョとともにOBのラウールが候補に【写真:Getty Images】

ジダン、ソラーリに続き、ラウールもカスティージャからトップチーム監督に就任か

 続いて名前の挙がった前ユベントス監督のアッレグリ氏は、ジダン監督がチームを離れた18年にもレアル監督就任の可能性があったという。この時はアントニオ・コンテ氏とマウリシオ・ポチェッティーノ氏も候補に挙がっていたが、最終的にフレン・ロペテギ氏が監督に就任した。コンテ氏はユベントス、ポチェッティーノ氏はトットナムを率いているが、当時もレアルの監督就任に興味を示していたアッレグリ氏は、現在はフリーになっている。

 そして最後に名前が挙がったのが、元レアルのキャプテンであり、現在は同クラブのカスティージャを率いるラウール監督だ。近年ではジダン監督、サンティアゴ・ソラーリ監督が、カスティージャからトップチームの監督に就任したが、ラウール監督も同じ道を辿る可能性があるという。

 2019-20シーズンは開幕したばかりだが、レアルは2シーズン連続でシーズン中の監督交代に踏み切ることになるのだろうか。

page1 page2 page3

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング