今季リーグ戦3試合3ゴールのブレーメン大迫、ブンデス8月度月間MVP候補にノミネート

FW大迫勇也【写真:Getty Images】
FW大迫勇也【写真:Getty Images】

第2節ホッフェンハイム戦、第3節アウクスブルク戦で3ゴールを荒稼ぎ

 ブレーメンの日本代表FW大迫勇也が、ブンデスリーガの8月度月間MVP(プレーヤー・オブ・ザ・マンス)の候補にノミネートされた。大迫はここまでリーグ戦3試合で3得点をマークする活躍で、得点ランキングで4位タイにつけている。

 ブンデスリーガ公式サイトで候補6選手が発表され、投票によって受賞者が決定する。

 大迫は開幕からの3試合(9月1日に行われた第3節も含む)すべてに先発出場。開幕戦のフォルトゥナ・デュッセルドルフ戦(1-3)は無得点だったが、続くホッフェンハイム戦(2-3)で今シーズン初得点をゲット。続く第3節アウクスブルク戦(3-2)ではドッペルパック(1試合2得点)を達成し、ここまで出場266分間で3ゴールを積み重ねている。得点ランキングではアウクスブルクのU-21スイス代表FWルベン・バルガスと並ぶリーグ4位タイだ。

 そのほかには、3試合6得点で類稀なる決定力を今季も発揮しているポーランド代表FWロベルト・レバンドフスキ(バイエルン)や、5得点で同2位ドイツ代表FWティモ・ヴェルナー、オーストリア代表MFマルセル・ザビッツァー(ともにRBライプツィヒ)、イングランド代表MFジェイドン・サンチョ(ドルトムント)、フランス人DFジョナタン・シュミット(フライブルク)がノミネートされている。

 日本代表でもエースの座を不動のものとしている大迫は、ブンデスリーガの月間MVPを受賞することはできるだろうか。

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング