インテル移籍のA・サンチェス、マンU加入の決断に言及 「後悔なんてしていない」

マンUからインテルへ期限付き移籍したアレクシス・サンチェス【写真:Getty Images】
マンUからインテルへ期限付き移籍したアレクシス・サンチェス【写真:Getty Images】

アーセナルから鳴り物入りで加入したマンUでわずか5点しか決められずに批判の対象に

 チリ代表FWアレクシス・サンチェスは、今夏にマンチェスター・ユナイテッドからインテルへ期限付き移籍した。ユナイテッドでは1年半の在籍でわずか5得点しか決められずに批判も浴びてきたが、30歳のアタッカーはユナイテッド移籍を「後悔していない」と語った。英公共放送「BBC」が報じている。

 サンチェスは2018年1月の移籍マーケットでアーセナルからユナイテッドへ移籍。ロンドンでは166試合80得点を記録するなど、攻撃陣の要としてチームを牽引してきたなか、ユナイテッドでも伝統のエースナンバー「7」を託され、同様の活躍が期待された。しかし、新天地ではなかなかトップフォームを維持できず、鳴りを潜めた。週給40万ポンド(約5100万円)というクラブ最高額のサラリーに見合うものではないと非難も浴びた。

 今夏にはインテルへの期限付き移籍が決定。2011年までプレーしたウディネーゼ以来となるイタリア復帰となった。ユナイテッドでは苦い思い出のほうが多いが、決して後悔はしていないと語っている。

「マンチェスター・ユナイテッドに移籍して、僕はとてもハッピーだった。僕は常々そう言ってきた。イングランドで最も多くのものを勝ち獲ってきたクラブだ。アーセナルへの移籍も素晴らしいものだった。やはり僕はハッピーだった。でも当時のユナイテッドは成長している時で、再び何かを勝ち獲るために選手を何人も買っていた。僕は勝つために彼らに加わりたいと思った。後悔なんてしていないよ」

page1 page2 page3

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング