“天才”ロナウジーニョ、芸術的な“反転ループ&ボレー弾”に再脚光 「魔法トリック!」

15年前のオサスナ戦で決めたロナウジーニョのボレー弾に再脚光【写真:Getty Images】
15年前のオサスナ戦で決めたロナウジーニョのボレー弾に再脚光【写真:Getty Images】

15年前のオサスナ戦で決めた伝説ボレー弾、リーガ公式が動画を公開

 2000年代に天才的なプレーで世界中のサッカーファンを魅了した1人と言えば、元ブラジル代表FWロナウジーニョだろう。2018年の現役引退後は借金問題などでも世間を騒がせているが、ピッチ上で魅せてきた輝かしいプレーが色褪せることはない。リーガ・エスパニョーラ公式インスタグラムは、8月31日に1本の動画を公開。「ロナウジーニョによるもう一つの魔法トリック!」との一文を添えて、バルセロナ時代の伝説のプレーを回顧している。

 投稿されたのは、2003-04シーズンの敵地オサスナ戦で生まれた華麗なボレーシュートだ。バルセロナの左サイドからのコーナーキックは、相手に一度クリアされたものの、こぼれ球をバルサの選手がペナルティーエリア外からシュート。ジャストミートせず威力も弱かったが、これが絶好のパスとなり、ゴール前のロナウジーニョにボールが渡った。

 相手ゴールに背を向けた状態で足もとにボールが届いたロナウジーニョは、トラップと同時に体の向きを素早く変える。前後から素早く相手が寄せてくるなか、2タッチ目でボールを浮かせて反時計回りに反転すると、相手の背中越しに豪快な右足ボレーシュート。至近距離での一撃に相手GKは一歩も動けなかった。

 ゴール前約6メートルの位置で天才が見せつけた圧巻スキルに、15年の月日が流れた現代のサッカーファンからも称賛の声が上がっている。動画を公開したリーガ公式インスタグラムのコメント欄には、「史上最高の選手」「ロナウジーニョだけができたこと」「フットボールはあなたのことを決して忘れない」「今まで見たなかで最高の魔術師」「純粋なレジェンド」「マジック! 熟練技! ロナウジーニョ・ガウショ最高」「なんてクールなんだ」など、当時を懐かしむものや衝撃の声が寄せられていた。

 この動画は現地時間8月31日に行われたオサスナ対バルセロナの試合直前に、プレビュー用として公開されたものだが、試合は2-2のドロー。アルゼンチン代表FWリオネル・メッシやウルグアイ代表FWルイス・スアレスを欠き、開幕3戦で1勝1分1敗の低調なスタートとなったバルサにとっては、ロナウジーニョが勝負どころで放ったような“魔法”が、今こそ求められているのかもしれない。

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング