練習復帰のメッシ、“潰し屋”ビダル無力化の絶妙切り返しに海外注目 「手玉に取る」

バルセロナFWメッシ【写真:Getty Images】
バルセロナFWメッシ【写真:Getty Images】

右足ヒラメ筋損傷が癒えて待望の練習復帰 25日のベティス戦出場を見据える

 バルセロナのアルゼンチン代表FWリオネル・メッシは、右足ヒラメ筋損傷が癒え、現地時間25日のリーグ第2節ベティス戦出場を視野に入れる。21日から練習に復帰しているが、マッチアップした同僚のチリ代表MFアルトゥーロ・ビダルを転ばせるなどキレのある動きを披露。海外メディアも「全員を手玉に取る」と報じている。

 メッシは8月5日に右足ヒラメ筋損傷と診断されて離脱。チームの海外遠征には帯同せずにバルセロナでリハビリを行い、16日に行われたリーガ・エスパニョーラ開幕節アスレティック・ビルバオ戦(0-1)もメンバー外だった。

 ウルグアイ代表FWルイス・スアレスやフランス代表FWウスマン・デンベレも負傷離脱するなか、メッシは21日にグループ練習に復帰。バルセロナ公式ツイッターは、メッシが細かいボールタッチの切り返しを見せ、マッチアップした“潰し屋”ビダルのバランスを崩して転ばせるシーンなどをピックアップ。抜群のボールキープ力は健在で、米スポーツ専門メディア「ブリーチャー・リポート」は「メッシがトレーニングに戻り、全員を手玉に取る」と報じている。

 バルセロナはメッシ不在の開幕戦で11年ぶりのシーズン黒星スタートを喫しており、エース復帰で本来の戦いぶりを取り戻したいところだ。

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング