名将ペップ、ジェズスの“幻の決勝弾”にVAR批判 「コーヒーでも飲んでたに違いない」

マンチェスター・シティのグアルディオラ監督【写真:Getty Images】
マンチェスター・シティのグアルディオラ監督【写真:Getty Images】

トッテナム戦でジェズスが決勝ゴールを記録したかに思われたがノーゴール判定でドロー

 マンチェスター・シティは現地時間17日に行われたプレミアリーグ第2節でトットナムに2-2で引き分けた。試合終了間際にブラジル代表FWガブリエル・ジェズスが決勝弾を挙げたかに思われたが、VAR(ビデオ・アシスタント・レフェリー)によりノーゴール判定となってのドロー決着。昨季のUEFAチャンピオンズリーグ(CL)準々決勝第2戦のデジャブを見ているかのような判定に、ジョゼップ・グアルディオラ監督も思わず苦言を呈している。英紙「ガーディアン」が伝えた。

【注目】日本代表DF吉田麻也、長い海外生活で感じる“日本人”評価 「絶対にやってはいけない」と気をつけていることは?

 昨季CL準決勝の第2戦でトットナムとのアウェー戦に臨んだシティ。序盤から点の取り合いの末に2戦合計スコア4-4と並んだシティは後半アディショナルタイム、ゴール前でパスを受けたイングランド代表MFラヒーム・スターリングがネットを揺らし決勝点を奪ったかに見えた。しかし、VAR判定の結果、アルゼンチン代表FWセルヒオ・アグエロのオフサイドにより取り消しに。試合はそのままタイムアップを迎え、アウェーゴールの差でシティは敗退を喫した。

 そして、今季2戦目のトットナム戦でまたしてもVARに勝利を阻まれた。2-2で迎えた後半アディショナルタイム、ジェズスが決定的なシュートを決めたかと思われたが、VAR判定によりフランス代表DFアイメリク・ラポルテがハンドを取られ、ノーゴールとなってしまったのだ。

 これにはグアルディオラ監督も、「昨季はオフサイドで、今回はハンド。もしあれがハンドならハンドだし、その判定に対して私はどうすることも、何を言うこともできない。だが、もう少し一貫性を持つべきだろう。あれがアイメリク・ラポルテのハンドなら、なぜ昨季のフェルナンド・ジョレンテはハンドじゃなかったんだ?」と、不満を露わにした。

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング