レアル久保建英は「キャプテン翼ではない」 海外メディアが「過度の注目」に警鐘

レアル・マドリードのMF久保建英【写真:Yukihito Taguchi】
レアル・マドリードのMF久保建英【写真:Yukihito Taguchi】

久保が3部レオネサ戦でフル出場、随所で華麗スキルを見せて高評価の声が上がるも…

 レアル・マドリードの日本代表MF久保建英は現地時間14日、カスティージャ(Bチーム)の一員として3部クルトゥラル・レオネサとのテストマッチ(0-3)にフル出場し、随所で華麗なスキルを見せつけた。レアル加入以降、日本の18歳アタッカーは話題をさらっているが、海外メディアは「久保はキャプテン翼ではない」と警鐘を鳴らしている。

 レアル加入後、トップチームではプレシーズンマッチで計4試合に途中出場した久保。その一方でカスティージャの試合で実践経験を積んでおり、14日はカスティージャの一員として参戦し、レオネサとのテストマッチに4-4-2の右MFで先発した。

 序盤から果敢にドリブルを仕掛けて相手を翻弄すると、前半終了間際にはゴール前で絶好のチャンスを迎えるも、左足での一撃は相手GKの正面を突いてネットを揺らせず。後半19分と20分にもクロスからシュートを放った久保だが、ゴールを決めきれなかった。

 チームが0-3と敗れたなか、海外メディアは久保のプレーを高評価。その孤軍奮闘ぶりを称える声が多く上がったなか、「ヤフースポーツ」スペイン語版は現状について「過度の注目」と分析しつつ、「ヴィニシウスはペレではなく、久保はオリベル・アトム(スペイン語版で『キャプテン翼』の意)ではない」と警鐘を鳴らす。

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング