英国代表DF、ユナイテッド移籍の裏側で… シティの“DF史上最高額オファー”を固辞

マグワイアは今夏、レスターからユナイテッドに加入した【写真:Getty Images】
マグワイアは今夏、レスターからユナイテッドに加入した【写真:Getty Images】

今夏、レスターからユナイテッド移籍のDFマグワイア シティの高額オファー固辞報道

 イングランド代表DFハリー・マグワイアは今夏にレスター・シティからイングランドきっての名門マンチェスター・ユナイテッドへと移籍した。移籍金は8000万ポンド(約103億円)で、“史上最高額DF”となったが、その裏ではユナイテッドの倍以上の給与を支払うというマンチェスター・シティからの超高額オファーを断っていたと英紙「デイリー・スター」が報じている。

 マグワイアを巡って、ユナイテッドとシティというマンチェスターの両雄による争奪戦が行われた。結果的には“赤い悪魔”の愛称で知られるユナイテッドが8000万ポンドを投じて獲得にこぎつけた。リバプールが2018年1月に獲得したオランダ代表DFフィルジル・ファン・ダイク(←サウサンプトン/7500万ポンド)を抜いて史上最高額DFとなった。

 シティのオファーは7000万ポンド(役90億円)と移籍金ではユナイテッドを下回ったが、その一方でサラリーの面ではライバルを大きく上回る条件を提示していたという。

 記事によれば、ユナイテッドは週給10万ポンド(約1300万円)と伝えられているのに対し、シティは週給27万8000ポンド(約3600万円)でオファーしていたという。実現していれば、ユナイテッドのオファーを抜いて史上最高給DFとなる好待遇だったが、マグワイアはこれを断り、幼少期からサポーターだったユナイテッドの移籍を選んだようだ。

>>【PR】イングランド・プレミアリーグをDAZN(ダゾーン)で見よう!ネットでの視聴方法はこちら!

(Football ZONE web編集部)


page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング