フローニンゲン堂安、豪快ミドルで今季初得点! 3人の合間を射抜く一撃も…今季初黒星

フローニンゲンのMF堂安律【写真:Getty Images】
フローニンゲンのMF堂安律【写真:Getty Images】

トゥウェンテFW中村の一撃で先制点献上、劣勢のなかで堂安が一矢報いるゴール

 フローニンゲンの日本代表MF堂安律が意地を見せた。現地時間10日、オランダリーグ第2節でトゥウェンテと対戦。今夏、ガンバ大阪からトゥウェンテに移籍した19歳FW中村敬斗に先制点を叩き込まれた一方、堂安が圧巻の一撃を叩き込んで今季初ゴールをマークするも、チームは1-3と敗れた。

 前半のうちに2人が退場したフローニンゲンは後半に崩れる。後半10分、自軍ペナルティーエリア手前でFKを献上。キッカーを務めたのが加入したばかりの中村だ。短めの助走から右足を振り抜き、壁をぎりぎり超える一撃が突き刺さった。

 中村の2試合連続弾で劣勢となったフローニンゲンは、後半25分にも被弾。圧倒的に不利な状況のなかで堂安が輝きを放つ。GKが最後方から前線へロングパスを送ると、前線で競り合ったこぼれ球を堂安が披露。敵陣中央でドリブルを開始した堂安は小刻みなタッチでタイミングを見計らうと、相手3人の間を通す強烈なミドルシュートを放ち、豪快にネットを揺らした。

 反撃の狼煙を上げるゴールに本拠地が沸き、堂安も体を回転させながら咆哮を上げる。まさに意地のゴールだった。その後も粘り強く戦い続けたフローニンゲンだが、終了間際に力尽きて失点。最終的に1-3と敗れた。

 フル出場した堂安は豪快なミドル弾で今季初ゴールをマークしたが、フローニンゲンは今季初黒星。これで1勝1敗となり、ホームでの初勝利はお預けとなった。

>>【PR】イングランド・プレミアリーグをDAZN(ダゾーン)で見よう!ネットでの視聴方法はこちら!

(Football ZONE web編集部)


page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング