バルセロナ副会長、ネイマールの古巣復帰を“否定”? 「現時点で加わる可能性はない」

パリ・サンジェルマンFWネイマール【写真:Getty Images】
パリ・サンジェルマンFWネイマール【写真:Getty Images】

カルドネル副会長がTV出演し、ネイマールについて言及「パリで解決されなければ…」

 ブラジル代表FWネイマール(パリ・サンジェルマン)のバルセロナ復帰話は、今夏の移籍市場で最大の関心事の一つとなっている。しかし、バルセロナ副会長のジョルディ・カルドネル氏は、少なくとも当面はネイマールがクラブに復帰する可能性が極めて低いことを明言した。スペイン紙「マルカ」が報じている。

 多くのビッグディールが成立している今夏の移籍市場だが、いまだ契約に至っていない案件も多々ある。その一つがネイマールの動向だ。ブラジル代表のエースは、PSGでの立場が微妙になり、クラブも相応のオファーがあれば放出を容認する意志を表明している。だが、PSGが納得するようなオファーはまだ届いていない。

 そんななか、バルセロナのカルドネル副会長がカタルーニャ放送協会の主要チャンネル「TV3」に出演。ここでネイマールについて発言したことが大きな反響を呼んでいる。

「ネイマールについて? 彼は自分のチームに満足していない。だが、それはパリで解決されなければいけない。今日、現時点で我々は彼が(バルセロナに)加わる可能性はない。もしいつの日かネイマールの事案で話すことがあれば話しましょう」

 現状では、ネイマールの獲得を考えていないことを明らかにしたカルドネル氏。本人の意志としてはバルセロナ復帰に向かっているとされるが、今夏の復帰は難しい状況のようだ。

>>【PR】イングランド・プレミアリーグをDAZN(ダゾーン)で見よう!ネットでの視聴方法はこちら!

(Football ZONE web編集部)


page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング