「日本で快適に過ごしているのに…」 磐田助っ人、CL常連の名門に移籍か「数日中に発表」

ジュビロ磐田FWロドリゲス【写真:Getty Images】
ジュビロ磐田FWロドリゲス【写真:Getty Images】

ディナモ・キエフ移籍に迫るFWロドリゲス 「磐田を失望させたくない思いを強く持っていた」

 ジュビロ磐田のルクセンブルク代表FWロドリゲスが、ウクライナ名門ディナモ・キエフへの移籍に迫っているという。ルクセンブルク紙「Tageblatt」が報じている。

 2019年1月に磐田に加入したロドリゲスは、17位と降格圏に沈むなかでリーグ戦15試合5ゴールを記録。チーム内トップスコアラーとして奮闘していた。

 しかし、ここにきてUEFAチャンピオンズリーグ(CL)の常連チームでもある名門ディナモ・キエフがロドリゲスの獲得に乗り出しているとのことで、記事では「このウインガーは昨年6月にもディナモ・キエフからオファーを受けていた」と明かし、そのうえで磐田を選んでいたことを振り返っている。

 また、今回のオファーに関しても「彼は日本で快適に過ごしており、磐田を失望させたくない思いを強く持っていたのにもかかわらず、ウクライナの首都クラブは諦めることはなかった」と説明し、現在200万ユーロ(約2億4000万円)のオファーを提示しているという。

 磐田側も一度はオファーを拒否したものの、二度目のオファーに関しては前向きに検討しているとのことで、「数日中に3年契約の移籍が発表される可能性が高い」と、ディナモ・キエフ加入に迫っていることを伝えている。かねてから日本愛を語っていたロドリゲスだが、半年でJリーグを離れることになるのだろうか。

【PR】2019-2020シーズンのプレミアリーグが見られるのはDAZNだけ!

>>【PR】イングランド・プレミアリーグをDAZN(ダゾーン)で見よう!ネットでの視聴方法はこちら!

(Football ZONE web編集部)

page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング