インテルFWイカルディ、ナポリとの交渉難航 年俸希望額がクラブ提示と1億円以上の差

インテルFWイカルディ【写真:Getty Images】
インテルFWイカルディ【写真:Getty Images】

イカルディ夫婦が主張する肖像権巡って交渉が難航中とナポリの地元紙が報道

 インテルのアルゼンチン代表FWマウロ・イカルディは、すでにクラブから構想外を告げられて移籍先を模索している。しかし、有力候補であるナポリとの交渉が難航しているようだ。その理由をナポリの地元紙「イル・マッティーノ」が報じている。

 イカルディは昨季に契約延長を巡ってクラブと対立。代理人で妻のワンダ・ナラ氏もSNSでクラブ批判をして火に油を注いだ。昨季中にクラブにやってきた元ユベントスのジュゼッペ・マロッタCEOは規律を求め、新シーズンから指揮を執るアントニオ・コンテ監督とも同意のうえでイカルディに「クラブのプロジェクトから外れている」と宣言している。

 イカルディ夫妻はイタリア国内への移籍を希望したことで、その移籍先はユベントスとナポリに絞られていると現地メディアでは報じられてきた。だが、ユベントスはイカルディ以外にも多くのFWが獲得候補に挙がっている一方、ナポリはそうした“ライバル”の存在は見当たらない。

 現状では、クラブ間交渉の時点でイカルディの保有権を得るため、ナポリはポーランド代表FWアルカディウス・ミリクの保有権を交渉に含める意図があるという。しかし、インテルはミリクを獲得選手としては評価していないため、1500万ユーロ(約18億円)は差があると報じられた。

 イカルディとの合意を取り付けるのも苦戦しているという。その理由が肖像権の行き先にある。ナポリはイカルディの肖像権を契約に含めることを望んでいるが、イカルディ夫妻は自分たちで保持することを主張しているという。

 ナポリは肖像権を買い取る意味でも年俸提示を700万ユーロ(約8億4000万円)に引き上げる可能性が高いとされるが、イカルディ側は800万ユーロ(約9億6000万円)を要求しているようだ。

 セリエAの移籍市場は8月末まで開いているため、時間的な猶予はある。しかし、イカルディの新天地決定は当初の見込みよりはるかに難航していることは事実だ。

>>【PR】イングランド・プレミアリーグをDAZN(ダゾーン)で見よう!ネットでの視聴方法はこちら!

(Football ZONE web編集部)


page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング