安部裕葵のバルサ移籍に伊紙注目 「才能ある日本人」と紹介も…「スポーツ面では賭け」

今夏バルセロナへの加入が決まったMF安部裕葵【写真:Noriko NAGANO】
今夏バルセロナへの加入が決まったMF安部裕葵【写真:Noriko NAGANO】

バルセロナの日本に対するマーケティング戦略と指摘 「アジア市場にインパクトがある」

 先日、Jリーグの鹿島アントラーズから日本代表MF安部裕葵がスペインの強豪バルセロナのBチームに加入することが発表された。27日付のイタリア紙「トゥット・スポルト」は、この移籍劇にイタリアでの日本人選手獲得のパターンを踏まえ、マーケティングの側面を分析している。一方で「確実にスポーツ面では賭け」とも評した。

 安部について同紙は「才能ある日本人の安部裕葵を獲得した。左ウイングの選手でまだ20歳。2023年までの契約にサインした。契約破棄には4000万ユーロ(約48億円)の支払い条件だ。まず初期には、Bチームにレンタル移籍させる。Jリーグで若い選手のMVPの賞を取った。新しいタイプの選手として評価された」と紹介した。

 もっとも、6月のコパ・アメリカ(南米選手権)にも出場した選手だけに、世界トップレベルの中に入ってどの程度のプレーができるのかという点では、懐疑的な姿勢を隠さない。獲得の面で「AFCチャンピオンズリーグ(ACL)で優勝したFWだった100万ユーロ(約1億2000万円)以上の価値はなかったが、スペインで4シーズンの契約をした」と、現時点の評価額の点で決して高いレベルにないと指摘している。

 一方で、バルセロナの戦略は日本に対するマーケティングだとの見方を示している。

「安部はバルセロナとスポーツ的にも、マーケティング戦略にもサインした。メディア的にも確実にアジア市場にインパクトがある。メインスポンサーの楽天との強いつながりがある。インターネットサービスのグローバルリーダーは、日本に拠点を置く。2017年7月にパートナーシップを交わした。楽天がメイングローバルパートナーとなった」

 2017年からバルセロナのメインスポンサーを日本企業の楽天株式会社が務めていることに触れながら、次のように続けている。

「マーケティングの側面以前に、安部は確実にスポーツ面では賭けだ。この日本人が成長したら、彼の現代的でフレッシュなイメージは、バルサのパートナーと合わせて様々な商品となる。選手は“大使”となって、日本と他のアジアにバルセロナのブランドを拡販していく。バルセロナのマーケティングエリアのプロジェクトのなかには、選手と国旗の国際化、地理的に特殊なマーケットが図られている。スポンサー契約の様式もより現代的で発展性がある。ただ単にユニフォームやピッチの広告にとどまらない」

>>【PR】イングランド・プレミアリーグをDAZN(ダゾーン)で見よう!ネットでの視聴方法はこちら!

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング