久保への影響は? MFアセンシオ、左膝前十字靭帯・外側半月板損傷とレアル公式発表

レアルMFアセンシオ【写真:Getty Images】
レアルMFアセンシオ【写真:Getty Images】

ICCアーセナル戦でゴールを決めるも、負傷で途中退場 救急車で搬送されていたが…

 レアル・マドリードは現地時間23日にインターナショナル・チャンピオンズカップ(ICC)アーセナル戦に臨み、90分間を2-2で終えると、PK戦を3-2で制した。この試合でゴールを決めたスペイン代表MFマルコ・アセンシオは後半20分に負傷退場。クラブ公式サイトは、検査の結果、左膝前十字靭帯及び外側半月板損傷で、近日中に手術を受けることを発表した。

 レアルは23日のアーセナル戦、2点をリードされて迎えた後半開始からアセンシオを投入。3トップの一角に入ったなかで、後半11分にはアセンシオのシュートのこぼれ球を詰めたウェールズ代表FWギャレス・ベイルが、同14分にはブラジル代表DFマルセロのラストパスを受けたアセンシオがゴールを決めた。

 しかし、キレのある動きを見せていたアセンシオは、後半17分に膝を痛めてピッチに倒れ込み、担架に乗せられて退場。救急車で搬送され、スペイン紙「AS」などで左膝の前十字靭帯断裂と推測されていたが、レアルは24日に公式サイトでメディカルレポートを掲載した。

 発表によれば、アセンシオはクラブの医療部門による検査を受けた結果、左膝前十字靭帯及び外側半月板損傷と診断され、近日中に外科手術を受ける予定だという。

 昨季リーグ戦30試合に出場したアタッカーの長期離脱決定により、サイドでもプレーできる久保が主戦場とされるカスティージャ(レアルB)ではなく、トップチームに必要な戦力になる可能性はなきにしもあらずだろう。

(Football ZONE web編集部)


page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング