メッシらとの共闘の可能性は? バルセロナ安部裕葵、移籍後初インタビューで胸中吐露

バルセロナへの移籍が決まったMF安部裕葵【写真:荒川祐史】
バルセロナへの移籍が決まったMF安部裕葵【写真:荒川祐史】

バルサと4年契約、契約破棄金は121億円に設定「今、自分がここにいるのが不思議」

 J1鹿島アントラーズからスペインの名門バルセロナへの移籍でクラブ間合意に達していた日本代表MF安部裕葵は、現地時間15日に4年の正式契約を結んだ。バルサBからのスタートとなるが、バルサB公式ツイッターは“移籍後初インタビュー”を公開し、「器用なのでどんなことにも順応できる」と自信を覗かせた。

 安部は2017年に瀬戸内高から鹿島へ加入すると、翌18年にはリーグ戦22試合2得点でJリーグベストヤングプレーヤー賞を受賞。また同年、クラブワールドカップ準決勝ではスペインの名門レアル・マドリードと対戦した。今年6月のコパ・アメリカ(南米選手権)では日本代表に初選出され、グループリーグ初戦のチリ戦(0-4)で途中出場を果たして代表デビューを飾り、強豪ウルグアイ戦(2-2)では初先発を飾るなど全3試合で起用された。

 バルセロナとのクラブ間基本合意が12日に鹿島から発表され、14日にスペインへ出発し、翌15日に正式契約。公式サイトでは「鹿島アントラーズの20歳、安部裕葵がクラブと4年間の契約を結んだ。バルサBの選手である間は(契約破棄金は)4000万ユーロ(約48億円)、トップチームに所属する場合は1億ユーロ(約121億円)に設定された」と発表されている。

 バルセロナB公式ツイッターは、「FCバルセロナのニュープレーヤー、日本人の安部裕葵の最初のメッセージ。2018年のJリーグベストヤングプレーヤーはブラウグラナ(バルセロナの愛称)の一員だ」と投稿。“初インタビュー”の動画を公開した。

「自分が本当に恵まれていると感じますし、この環境に入れることを幸せに思います。夢にも語れないくらいの存在だったので、本当に今自分がここにいるのが不思議です」

page1 page2 page3

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング