久保建英、レアル同僚GKが機中写真公開 ヴィニシウスら“若手組”とクールに肩組み

レアル・マドリードMF久保建英【写真:AP】
レアル・マドリードMF久保建英【写真:AP】

フベニールAに所属するスペイン人GKアルトゥーベがツイッターで北米行きの様子公開

 レアル・マドリードは現地時間9日、北米遠征のためカナダへ出発し、現地に降り立った。トップチームの主力以外に、FC東京から電撃移籍した日本代表MF久保建英ら若手も帯同しているが、U-19以下のフベニールAに所属するスペイン人GKアルトゥーベは、自身の公式ツイッターで久保ら“若手組”による機内ショットを投稿している。

 今季、FC東京の主力としてリーグ戦13試合で4ゴールをマークした久保は、6月9日の国際親善試合エルサルバドル戦(2-0)で史上2番目の若さとなる18歳5日でA代表デビュー。直後のコパ・アメリカ(南米選手権)でも全3試合に出場したなか、ブラジルの地でレアルへの電撃移籍が決まった。

 レアルは新シーズンに向けて8日に始動。クラブ施設でメディカルチェックなどを受け、翌9日には北米遠征のためカナダへ出発した。クラブ公式サイトやSNSでは、2015-16シーズンからキャプテンを務めてきたスペイン代表DFセルヒオ・ラモスやドイツ代表MFトニ・クロース、ウェールズ代表FWギャレス・ベイル、今夏にチェルシーから1億ユーロ(約122億円)で獲得したMFエデン・アザールら世界的スターに交じり、“白い巨人”のエンブレムが施されたポロシャツに身を包んだ久保も集合写真に写り込む様子が公開されていた。

 移動の機中でも、新たなチームメートたちと交流を深めたようだ。同じく北米遠征メンバー29人に入った、レアルのフベニールA(U-19相当)に所属する19歳のスペイン人GKアルトゥーベが公式ツイッターで機内の様子を公開。2018-19シーズンに加入1年目からトップチームで活躍したブラジル代表FWヴィニシウス・ジュニオールをはじめ、名門サントスから移籍金4500万ユーロ(約55億円)で獲得した18歳のブラジル人FWロドリゴ・ゴエス、19歳のスペイン人MFブラヒム・ディアスらとともに、久保もクールな表情で肩組みショットに加わっている。

 トップチームへの道を切り開いていくうえでは、彼らはライバルでもある。久保がどのようにジネディーヌ・ジダン監督にアピールしていくのか、北米遠征は大きな注目を集めそうだ。

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング