ユーベ復帰のブッフォン、歴代同僚ベスト11をスペイン紙選出 唯一の現役選手は?

同僚ベスト11に入った(左から)デル・ピエロ、ブッフォン、トッティ【写真:Getty Images】
同僚ベスト11に入った(左から)デル・ピエロ、ブッフォン、トッティ【写真:Getty Images】

GKにはブッフォン自身を選出 中盤にはトッティ、デル・ピエロ、ピルロらが名を連ねる

 パリ・サンジェルマン(PSG)に所属していた元イタリア代表GKジャンルイジ・ブッフォンが、2年ぶりにユベントスに復帰することが発表された。そこでスペイン紙「AS」は、ブッフォンがこれまでにチームメートとして戦った選手のベストイレブンを発表。かつてのレジェンドから現代のスーパースターまで、豪華な顔ぶれが揃った。

 ユベントスで17年間プレーした後にPSGへと移籍することになったブッフォンだが、今回1年間の在籍後に再び古巣のユニフォームを着ることになった。41歳のGKは、これまでパルマやユベントス、PSG、そしてイタリア代表などで数多くの世界最高と言われてきた選手たちとプレー。チームメートとして共闘したことのある選手で構成されたベストイレブンは、錚々たるメンバーが名を連ねた。

 まずGKは、やはりブッフォン自身を挙げるほかないだろう。UEFAの年間最優秀ベストイレブンに5度選出され、セリエAでは最多の無失点試合記録を持っている。2010年から17年までユベントスのキャプテンを務めたことを考えても、彼以外には考えられない。

 最終ラインはかつてのレジェンドたちが並ぶ。右サイドバックにはパルマやユベントスでともに多くのタイトルを獲得した元フランス代表DFリリアン・テュラム、左サイドバックには互いに代表で絶対的な存在だった元イタリア代表DFパオロ・マルディーニが選出。2人のCBには、テュラムと同じくパルマ、ユベントスで共闘した元イタリア代表DFファビオ・カンナバーロ、ライバルのミランの一員として何度も対戦し、代表ではチームメートだった元イタリア代表DFアレッサンドロ・ネスタが入った。

 中盤は5枚。ダブルボランチには、ともにユベントスで多くのタイトル獲得に貢献した元イタリア代表MFアンドレア・ピルロと元チェコ代表MFパベル・ネドベドが並んだ。また2列目には2006年ドイツ・ワールドカップ(W杯)の優勝メンバーとなった元イタリア代表FWフランチェスコ・トッティ、1998年から2004年までアズーリで共闘していた元イタリア代表FWロベルト・パッジョ、そしてユベントスとイタリア代表で多くの栄光の時を過ごした元イタリア代表FWアレッサンドロ・デル・ピエロが選ばれている。

>>【PR】「DAZN」で観られるコパ・アメリカ2019 試合日程はこちらから

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング