横浜FMの10番MF天野純、ベルギー2部ロケレンへ移籍発表 「苦渋の決断」と複雑な胸中吐露

横浜FMの天野純、ベルギー2部ロケレンへ1年間の期限付き移籍【写真:荒川祐史】
横浜FMの天野純、ベルギー2部ロケレンへ1年間の期限付き移籍【写真:荒川祐史】

1年間の期限付き移籍 「チャレンジをしなかったら一生後悔する」と決断

 J1横浜F・マリノスの「10番」を背負うMF天野純が、ベルギー2部スポルティング・ロケレンへ1年間の期限付き移籍をすることが横浜FMから発表された。

 天野は小学校時代から横浜FMの下部組織で育ち、順天堂大への進学を経て2014年に横浜へ加入。日本代表では2018年9月の国際親善試合コスタリカ戦で初キャップを刻んだ。

 27歳の天野はクラブを通じて「昔からの夢であった海外への挑戦。気がつけば27歳になり、挑戦するにはラストチャンスの年齢。恐らく次のチャンスは来ない。チャレンジをしなかったら一生後悔する」とコメント。さらに複雑な胸中を次のように明かした。

「海外で自分がどれぐらいのし上がれるのかチャレンジしたい。自分自身に感じる停滞感を打破したい。もっと上手くなりたい、もっと強くなりたい。このような思いが自分の心の中に湧き上がってきました。様々な思いが交錯する中、何日も悩み、考え抜いた上で移籍をするという決断に至りました」

 横浜FMは現在リーグ3位で優勝の可能性も残しているだけに、天野は「本当に苦渋の決断でした。育成組織から育ってきたマリノスで優勝したい。最高の仲間と最後まで戦い抜きたい。子供の頃から憧れていたマリノスの10番を着けさせてもらい、さらにキャプテンまでやらせてもらったのに活躍できないまま旅立ってもいいのか」と、苦しい胸の内を吐露している。

 横浜は6日にホームで大分トリニータとリーグ第18節の試合を行うが、試合終了後に天野の「ファン・サポーターの皆さまへのご挨拶」を実施するとしている。

 正確な左足のキックを武器にベルギーへ乗り込む天野は、1年間の期限付き移籍期間に次のステップにつながる道を切り開けるのか。キャリアにとって勝負の1年となる。

>>【PR】「DAZN」で観られるコパ・アメリカ2019 白熱の試合日程はこちらから

(Football ZONE web編集部)

page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング