コウチーニョ、イグアイン、サッリがユーベ集結!? チェルシー補強禁止処分の動向に熱視線

(左から)コウチーニョ、イグアイン、サッリ監督【写真:Getty Images】
(左から)コウチーニョ、イグアイン、サッリ監督【写真:Getty Images】

プレミア勢で唯一、コウチーニョに関心を示したとされるチェルシー

 イングランド・プレミアリーグのチェルシーは、今夏と来冬の移籍市場で国際サッカー連盟(FIFA)から補強禁止処分を言い渡されている。そのことは欧州の移籍市場全体にも影響を与えそうな情勢になっており、欧州の各メディアがその状況を報じている。 

【PR】サッカー観るならDAZN、オリジナルコンテンツも充実 入会はこちら

 英紙「デイリー・メール」は、チェルシーが今季終了後にバルセロナのブラジル代表MFフィリペ・コウチーニョの獲得を狙っているとしている。チェルシーは、ベルギー代表MFエデン・アザールが、今季終了後にレアル・マドリードへ移籍することが濃厚となっている。その後継者として、バルセロナで思うような結果を残せていないコウチーニョの獲得を狙っていたという。

 しかし、チェルシーは異議申し立ても棄却されたため、補強禁止処分が決定的になっており、コウチーニョの獲得は難しい状況になっている。コウチーニョについては、イタリア王者ユベントスも興味を示しており、スペインに留まるか、新天地を求めるか注目される。

 そのユベントスとチェルシーの間では、アルゼンチン代表FWゴンサロ・イグアインを巡って「センセーショナルなシナリオがある」と、イタリアのサッカー専門メディア「カルチョメルカート・コム」が報じている。

 イグアインは今季開幕前にユベントスからACミランに期限付き移籍となったが、ミランは半年間でイグアインとの契約を打ち切った。そしてイグアインは冬の移籍市場で保有元のユベントスを経由して、半年間の期限付き移籍でチェルシーに加わった。その大きな要因となったのが、チェルシーの指揮官がナポリ時代にイグアインを指導したマウリツィオ・サッリ監督だったことだ。

 チェルシーは補強禁止処分が適用される前にイグアインの買い取りオプションを行使すれば、来季の戦力に加えることができるが、そうした動きには出ないことが濃厚だ。一方、所有権を持つユベントスにとっても、イグアインはプロジェクトから外れた存在であり頭痛の種とされてきた。

 しかし、ここに来てマッシミリアーノ・アッレグリ監督の退任を発表したユベントスは、来季の指揮官にサッリ監督を迎える案が浮上した。仮にサッリ監督が就任した場合、レンタルバックされるイグアインをそのまま戦力として保持することを求める可能性は十分だとした。

 チェルシーの処分により、移籍市場に影響が出ることは避けられない状況だ。そして、それを受けての情勢として、ユベントスが漁夫の利を得る動きを見せようとしているとされる。夏の移籍市場で、際立った動きを見せるのはどこのクラブになるのだろうか。

>>【PR】UEFAチャンピオンズリーグ&ヨーロッパリーグの「大会情報・日程・視聴方法」をチェック!

(FOOTBALL ZONE編集部)

page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング

  1. 「日本の忍者」 ブライトン三笘、空中にボールを浮かす華麗ドリブル 鮮烈デビューに現地ファン激賞「スーパーな選手だ」

  2. 「すげぇ!!!!!!」「えぐ。。」 シュツットガルト遠藤航、ワールドクラスの“弾丸ミドル弾”で今季初ゴールに反響拡大

  3. 「めっちゃカッコイイ」 なでしこ菅澤優衣香、こだわりの“オールブラック”高級SUV納車報告に反響「センス抜群」

  4. フランクフルト鎌田、今季初スタメン&初ゴール! 高速カウンターから見事な一撃、味方と歓喜の抱擁

  5. シュツットガルト遠藤航、“弾丸ミドル弾”で今季初得点 海外メディア絶賛「凄まじい一撃」「対応できない強烈なミドル」

  6. 「美しい」「完璧だ」 メキシコ代表の新ユニフォーム、“石細工”モチーフのユニーク流出デザインを海外絶賛「W杯のベストキット」

  7. J1リーグの“30mオウンゴール”に海外メディア脚光 「サッカー界で最も美しい1つ」

  8. 「三笘は何者?」 鮮烈デビュー戦、英代表DF翻弄の美技&切り返しに海外驚嘆「本当に衝撃的」

  9. 「即座にファンを席から立たせた」 衝撃デビューの三笘薫、地元メディアがチーム最高タイの高評価

  10. 「欧州最高の日本人」トップ5を海外選出 1位は「怪物」、日本代表の次期エース候補も

  1. 迷彩→シンプルに? 日本代表ユニフォーム、カタールW杯着用デザインを海外メディアがリーク「本物ならかなりかっこいい」

  2. 「日本のファン絶賛」 森保ジャパン、カタールW杯仕様「斜めストライプ」デザインの新ユニ流出に韓国反響「かなり気に入っている」

  3. 日本選手が「あわや大怪我」 中国の“ラフプレー”に韓国メディア指摘「格闘技を彷彿」

  4. 「現行モデルより全然いい」 日本代表の新ユニフォーム流出デザインを海外絶賛、“黄色背番号”復活シャツが反響

  5. 「これがレベル差」 セルジオ越後氏&松木安太郎氏、ブラジル戦「日本のベスト選手」で意見一致「パラグアイ戦であんなにいたのに」

  6. 「日本の忍者」 ブライトン三笘、空中にボールを浮かす華麗ドリブル 鮮烈デビューに現地ファン激賞「スーパーな選手だ」

  7. 「今世紀最悪のシャツ」 ブラジル代表の新ユニフォーム流出、ヒョウ柄デザインに不評の声「醜い」「失望した」

  8. 「なんだこれは」 ナイジェリア代表の新ユニフォーム、手描きパターンの“奇抜”流出デザインに海外騒然「冗談でしょ」

  9. 「谷口が俳優ぐらいレベチ」 吉田、伊東、三笘、田中…森保ジャパン11人、英国製スーツの着こなしが話題「碧くん就活生っぽい」

  10. 「サッカーの試合前に火山が噴火」 J3リーグ“衝撃の光景”に海外驚き、スタジアム背後から黒煙「まるで映画のよう」