シティFWジェズスが今夏移籍か 注目銘柄の気配…新天地はユベントスかアトレティコ?

マンチェスター・シティのブラジル代表FWガブリエル・ジェズス【写真:Getty Images】
マンチェスター・シティのブラジル代表FWガブリエル・ジェズス【写真:Getty Images】

今季7ゴールも途中出場が多く、グアルディオラ監督との関係もぎくしゃくと海外報道

 イングランド・プレミアリーグで連覇を果たしたマンチェスター・シティだが、ブラジル代表FWガブリエル・ジェズスの去就不透明により獲得に乗り出すクラブが現れているという。イタリアのサッカー専門メディア「カルチョメルカート・コム」が報じた。

 ジェズスは昨季のリーグ優勝を大車輪の活躍で支えたストライカーだが、シーズン前にロシア・ワールドカップを挟んだ今季は絶対的な存在としては扱われていない。リーグ29試合に出場して7ゴールをマークしているが途中出場が多く、FA杯やリーグ杯にフル出場の試合は偏った。

 記事では、ジョゼップ・グアルディオラ監督との関係もぎくしゃくしたものになっているとして、今夏の移籍があり得ると指摘。その一方、イタリア王者ユベントスが今季開幕前に獲得したポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドに続く前線の大型補強の対象として候補に挙げているとしている。

 それと同時に、フランス代表FWアントワーヌ・グリーズマンのバルセロナ移籍が決定的になっているアトレティコ・マドリードもまた、ジェズスをグリーズマンの後釜として獲得候補に挙げていると報じた。

 ジェズスは契約を2023年まで残すだけに、獲得には1億ユーロ(約125億円)クラスの移籍金が必要と見込まれるが、スタメン起用が限られている状況はジェズスにとっても満足のいくものではないだろう。今夏の移籍市場でブラジル代表のストライカーは環境を変えることになるのか、注目銘柄の1人になりそうな気配だ。

>>【PR】UEFAチャンピオンズリーグ&ヨーロッパリーグの「大会情報・日程・視聴方法」をチェック!

(Football ZONE web編集部)

page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング