17歳MF久保建英、2戦連続弾と大活躍! 相手DF翻弄…“股抜き超絶シュート”に反響

FC東京のMF久保建英【写真:Getty Images】
FC東京のMF久保建英【写真:Getty Images】

D・オリヴェイラのパスを受けた久保がスキル披露、DF福森の股下を射抜く一撃

 FC東京は18日のJ1第12節で北海道コンサドーレ札幌と対戦し、2-0の勝利で無敗のまま首位をキープした。17歳MF久保建英が2試合連続ゴールを叩き込む活躍を見せている。

 この日、強烈な存在感を放ったのは若きアタッカーだった。後半14分、DF小川諒也のゴールでFC東京が先制。さらに1-0で迎えた同24分、FC東京は自陣からFWディエゴ・オリヴェイラがドリブルで持ち運ぶと、右サイドから走りこんだ久保にパスを預ける。

 ボールを受けた久保はペナルティーエリア内に進入し、DF福森晃斗と対峙。コースを限定されたが、冷静な駆け引きから福森の股下を射抜く超絶シュートを放ち、相手GKク・ソンユンの手を弾いたボールはそのままゴール内に吸い込まれた。FC東京の公式ツイッターが久保のゴールを速報すると「神」「やばい」「上手い」と称賛の言葉が相次いだ。

 久保は前節ジュビロ磐田戦(1-0)で決勝ゴールを奪っており、これで2試合連続と出色のパフォーマンスを披露。後半35分にピッチを退いたが、直近4試合連続スタメンで2ゴールと結果を残す17歳がチームの勝利に大きく貢献した。

【PR】イニエスタ、ビジャ、クエンカ、サンペール! 元バルサ戦士を観るならDAZN!

>>【PR】海外サッカー通のFC東京DF太田宏介 “見てもらえる”喜びと「DAZN活用法」

page1 page2 page3

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング