「ゴールは? どこ?」 浦和vs湘南の大誤審に南米も衝撃「信じられない連続プレー」

湘南MF杉岡大暉が放ったシュートがノーゴールとなる“大誤審”が起きた【写真:荒川祐史】
湘南MF杉岡大暉が放ったシュートがノーゴールとなる“大誤審”が起きた【写真:荒川祐史】

Jリーグで起きた“ゴール取り消し”にアルゼンチン紙も反応 「滅多に見られないようなシーン」

 17日に行われたJ1リーグ第12節、浦和レッズ対湘南ベルマーレの一戦で、前半途中に湘南のU-22日本代表MF杉岡大暉が放ったシュートがノーゴールとなる“大誤審”が起きたが、この判定は海外でも驚きをもって伝えられている。南米のアルゼンチン紙「オレ」電子版は、動画付きで「ゴールは? どこ?」とのタイトルで報じた。

【PR】サッカー観るならDAZN、オリジナルコンテンツも充実 入会はこちら

 問題のシーンは2-0と浦和の2点リードで迎えた前半31分のこと。杉岡がMF梅崎司からのパスを受けて思い切り良く利き足の左でシュートを放つと、浦和の元日本代表GK西川周作も見送るしかないコースに飛び、右ポストを叩いてから逆サイドのネットを揺らした。しかし主審はこれがゴールラインを割っていないとして、ノーゴール判定。曺貴裁監督をはじめとした湘南側の猛抗議も実らぬままだった。

「日本のサッカーで混乱した状況が起きた。レフェリーがベルマーレのゴールを見落とし、それどころか対戦相手である浦和にゴールが生まれかけたのだ。信じられないような連続プレーだった」

 同紙は今回の件をこのように切り出すとともに、次のようにも記している。

「滅多に見られないようなシーンだった。ゴールラインが敷かれたネットの間でボールが揺れたし、内側にはっきりと入っている。しかしレフェリーは明らかにゴールとは認めておらず、浦和のGK(西川)がボールを投げた後、何もなかったように続けた。そしてそれがもう少しでホームチームのゴールになるところだった。奇妙なことだ」

 杉岡のゴールが認められなかったのはもちろん、西川が投げ返したボールが浦和のロングカウンターの起点となり、FWアンドリュー・ナバウトが湘南GK秋元陽太と1対1になるシーンを迎え、なおかつこの接触でナバウトが負傷退場した一連の流れにも触れていた。VAR(ビデオ・アシスタント・レフェリー)の導入が世界的に広がりつつあるなかでの今回のレフェリングは、世界的に見ても衝撃度が大きいのは間違いない。

>>【PR】海外サッカー通のFC東京DF太田宏介 “見てもらえる”喜びと「DAZN活用法」

page1 page2 page3

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング

  1. 「今世紀最悪のシャツ」 ブラジル代表の新ユニフォーム流出、ヒョウ柄デザインに不評の声「醜い」「失望した」

  2. 「なんだこれは」 ナイジェリア代表の新ユニフォーム、手描きパターンの“奇抜”流出デザインに海外騒然「冗談でしょ」

  3. ブラジル代表、新ユニフォームを正式発表 ヒョウ柄デザインの1着に海外賛否 「最悪のシャツ」「美しい」

  4. 「めっちゃカッコイイ」 なでしこ菅澤優衣香、こだわりの“オールブラック”高級SUV納車報告に反響「センス抜群」

  5. 「恐ろしい」 ブラジル代表、流出した新ユニフォームヒョウ柄デザインが「醜い」と母国メディアでも不評

  6. J1で主審交代の珍事、横浜FMの主将MF喜田拓也が“異変発見”で交代要求に驚き「すごい」 元Jリーガーも人間性を絶賛

  7. 「現行モデルより全然いい」 日本代表の新ユニフォーム流出デザインを海外絶賛、“黄色背番号”復活シャツが反響

  8. J1リーグの“30mオウンゴール”に海外メディア脚光 「サッカー界で最も美しい1つ」

  9. 闘莉王が選ぶ「日本サッカー最強パサー5傑」 「真似できない」と大絶賛、舌を巻いた一流プレーヤーは?

  10. 「コースえぐい」 堂安律のブンデス開幕ゴールに喝采、左足の“低弾道ミドル弾”「振りが速い」と驚き