J1浦和対湘南で世紀の大誤審 杉岡のシュートがネット揺らすも審判団は得点認めず

湘南ベルマーレMF杉岡のシュートはネットを揺らしたが…【写真:Getty Images】
湘南ベルマーレMF杉岡のシュートはネットを揺らしたが…【写真:Getty Images】

杉岡の左足シュートは明らかにゴールに入ったが、主審はプレー続行を指示

 浦和レッズと湘南ベルマーレの一戦で、あまりにも衝撃的な誤審が起こった。浦和が2点リードした前半31分、湘南のMF杉岡大暉のシュートがゴールネットを揺らしたものの、山本雄大レフェリーをはじめ審判団がゴールを認めないという事態が起こった。

 試合は前半25分までに浦和が2点をリードする展開だった。そのなかで反撃に出た湘南は、中盤で前を向いた杉岡が左足で強烈なシュート。ボールは右ゴールポストを叩いて左サイドネットに吸い込まれた。浦和のGK西川周作はゴールに入ったボールを、すぐに味方のキックオフを促すような所作でゴールから出してセンターサークル方向に投げた。

 しかし、山本主審はそのままゴールを認めずにプレー続行を指示。まさかの事態に湘南ベンチも猛抗議をしたが、判定は変わらずゲームが続いた。

 ライン上にボールが跳ねるような判断の難しいものかと言えば疑問で、むしろ誰の目からも明らかなゴールだっただけに、衝撃的な誤審が起こってしまった。

【PR】イニエスタ、ビジャ、クエンカ、サンペール! 元バルサ戦士を観るならDAZN!

>>【PR】海外サッカー通のFC東京DF太田宏介 “見てもらえる”喜びと「DAZN活用法」

page1 page2 page3

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング