「アンフィールドの亡霊」対策? 失意のメッシ、心機一転の“髭なし姿”が反響拡大

バルサFWメッシ【写真:Getty Images】
バルサFWメッシ【写真:Getty Images】

11日の練習に、あご髭を綺麗さっぱり剃り落として登場 「まだ傷ついている?」

 バルセロナは現地時間7日のUEFAチャンピオンズリーグ(CL)準決勝第2戦でリバプールに0-4と完敗を喫し、2戦合計3-4の大逆転負けで決勝進出を逃した。失意のなか、メッシは11日のトレーニングに、トレードマークとなっていた髭を約2カ月ぶりに綺麗さっぱり剃り落とした“髭なし姿”で登場。「無感情なメッシの顔」「アンフィールドの亡霊を一掃しようとしている」と海外でも反響が拡大している。

 バルセロナはCL準決勝第2戦、第1戦をホームで3-0と勝利して大きなアドバンテージを持ってリバプールの敵地に乗り込んだが、前半7分にベルギー代表FWディボック・オリギに先制点を許すと、後半9分、11分と立て続けに失点。2戦合計スコア3-3と追いつかれて迎えた同34分、相手のセットプレーで一瞬守備の気が緩んだところを突かれ、悪夢の大逆転劇を許してベスト4で姿を消した。

 バルセロナにとって、敗退のショックはとてつもなく大きなものとなったが、12日のヘタフェ戦に向けた練習に姿を現したメッシの姿が注目を集めている。米スポーツ専門局「ESPN」の番組「スポーツセンター」の公式ツイッターが、「新しいレオ! バルセロナの練習にリオネル・メッシは髭を剃って現れた。似合いますか?」と一枚の写真を公開。そこに写るメッシは、近年トレードマークの一つになっていたあご髭が綺麗さっぱり剃り落とされていた。

 メッシは3月22日に、265日間の空白期間を経てアルゼンチン代表の一員としてベネズエラ戦(1-3)に臨んだ際にも、髭を剃った姿が話題を呼んでいたが、あれから約2カ月、再び心機一転のイメチェンに踏み切った。イタリアメディア「Il posticipo」は、「メッシはリバプール戦の敗北にまだ傷ついている?」と見出しを打ち、「10番は土曜日のトレーニングに髭なしで現れた。新しいビジュアルで、アンフィールドの亡霊を一掃しようとしている」と、大逆転負けの悪夢を振り払うための行動だと推察した。

 一方、衛星放送「ビーイン・スポーツ」フランス版で活躍するフランス人ジャーナリストのオロール・ティボー氏は、自身のツイッターで「無感情なメッシの顔」と綴り、髭を剃っても今なお敗戦のショックから笑顔の少ないメッシの状態を心配していた。

 髭一つ取っても大きなニュースとなるのはスーパースターたる所以だが、メッシは残りのリーグ戦とコパ・デル・レイ(スペイン国王杯)決勝で心の傷を癒す会心のパフォーマンスを見せられるだろうか。

>>【PR】UEFAチャンピオンズリーグ&ヨーロッパリーグの「大会情報・日程・視聴方法」をチェック!

page1 page2 page3

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング