「男の中の男」「キング!」 元ブラジル代表MFの「GKたちへのオマージュ」動画に反響

ガラタサライ時代のMFフェリペ・メロ【写真:Getty Images】
ガラタサライ時代のMFフェリペ・メロ【写真:Getty Images】

MFフェリペ・メロ、ガラタサライ時代の「急造GK→PKストップ」動画公開

 かつてユベントスなどに所属した元ブラジル代表MFフェリペ・メロが、自身の公式インスタグラムでガラタサライ時代の動画を公開した。内容は退場したウルグアイ代表GKフェルナンド・ムスレラに代わって、GKを務めてPKを止めたシーン。衛星放送「FOXスポーツ」ブラジル版はその投稿が話題を呼んでいることを伝え、ガラタサライの副会長からもコメントがあったことを報じている。

 メロは欧州でスペイン、イタリア、トルコを渡り歩き、35歳となった現在は母国に戻りパルメイラスに所属している。2011年にはユベントスからガラタサライへレンタル移籍し、2013年には完全移籍が成立した。

 まだレンタル期間中だった2012年11月24日に行われたトルコ1部第13節エラズースポル対ガラタサライで、メロは急遽GKを務めることになった。1点をリードして迎えた試合の終盤で、GKムスレラが相手を倒して退場処分に。すでに交代枠を使い切っていたガラタサライは、メロにGKグローブを渡してゴールマウスに立たせた。誰もがゴールを覚悟した場面だったが、“急造GK”が見事にPKをはじき出した。この結果1-0で勝利したガラタサライは首位を守る貴重な勝ち点3を得て、メロは一躍“時の人”となった。

 それから6年半ほど経過した現在、メロは「GKたちへのオマージュ」と言って自身のSNSに当時の動画を公開した。これを見たファンからは「ありがとうございます。神に感謝します」「男の中の男」「キング!」などと褒め称えるコメントが寄せられている。

 その他にも「我々はレジェンドであるあなたのことが忘れられない」「ガラタサライに来てください」といったガラタサライのファンからと思われるコメントが見受けられたなか、なんとクラブの副会長であるアブドゥラヒム・アルバイラク氏もコメント。「アイラブユー、メロ」とクラブを去ったレジェンドに敬意を評していた。

>>【PR】香川真司をDAZN(ダゾーン)で見よう!ネットでの視聴方法はこちら!

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング