磐田助っ人FWの珍退場が話題 ポストへの“カンフーキック”に母国紙…「不満が爆発」

ジュビロ磐田のルクセンブルク代表FWロドリゲス【写真:Getty Images】
ジュビロ磐田のルクセンブルク代表FWロドリゲス【写真:Getty Images】

FWロドリゲス、後半ATのヘディングシュートがクロスバーを叩き怒り爆発でキック

 ジュビロ磐田のルクセンブルク代表FWロドリゲスが、20日のJ1リーグ第8節・名古屋グランパス戦(0-1)で珍退場を命じられた。1点を追いかける後半アディショナルタイム、決定機で放ったシュートがクロスバーを直撃。チャンス逸に怒りを抑えきれず、ポストにジャンピングキックを繰り出すと、反スポーツ的行為でこの日2枚目のイエローカードを受けてピッチを後にした。母国メディアも「ロドリゲスの不満が爆発」と報じている。

 磐田はリーグ1位の得点力を誇る名古屋を前半シュート0本に抑える。先発したロドリゲスは果敢に攻めるもゴールをこじ開けられずにいると、後半25分に名古屋MFガブリエル・シャビエルのパスから昨季J1得点王のFWジョーにヘディングシュートでネットを揺らされて先制点を献上してしまった。

 1点ビハインドで迎えた後半アディショナルタイム、磐田に絶好のチャンスが訪れる。途中出場のMFムサエフが右サイドの敵陣深くからクロスを供給。ファーサイドのロドリゲスがフリーでヘディングシュートを放つも、クロスバー直撃でゴールならず。シュートを外したロドリゲスは両手で頭を抱えた後、怒りを吐き出すように左ポストへカンフーばりのジャンピングキックをお見舞いした。

 すると、すぐさまホイッスルが鳴り響き、荒木友輔主審は反スポーツ的行為でイエローカードを提示。後半42分にファウルに対する異議でイエローカードをもらっていたロドリゲスは2枚目の警告となり、レッドカードで退場処分となった。助っ人FWはユニフォームを脱ぎ、小走りでピッチを退いている。

 ルクセンブルク紙「Luxemburger Wort」は、「ロドリゲスの敗戦&退場」と見出しを打ち、状況を伝えている。

「ロドリゲスの不満が爆発。ルクセンブルク代表はジュビロ磐田で2枚のイエローカードを受けた。87分に最初のカードを受けると、アディショナルタイムには再び警告を受け、同僚の前でロッカールームに引き返した」

 怒りに流された退場劇を母国メディアも驚きを持って報じていた。

>>【PR】海外サッカー通のFC東京DF太田宏介 “見てもらえる”喜びと「DAZN活用法」

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング