歴代プレミア王者の“名脇役”にレスター岡崎選出 英メディア称賛「日本のダイナモ」

15-16シーズンのプレミアリーグを制したレスター【写真:Getty Images】
15-16シーズンのプレミアリーグを制したレスター【写真:Getty Images】

2000年以降、スター揃いのプレミアリーグ優勝チームを支える「縁の下の力持ち」特集

 今季のプレミアリーグでは、首位リバプールと2位マンチェスター・シティ(1試合未消化)が終盤戦を迎えても熾烈な優勝争いを展開中だ。リバプールのセネガル代表FWサディオ・マネやエジプト代表FWモハメド・サラー、シティのFWラヒーム・スターリングや元アルゼンチン代表FWセルヒオ・アグエロなど、華やかなタレントたちのプレーには全世界が注目している。

【注目】日本代表DF吉田麻也、長い海外生活で感じる“日本人”評価 「絶対にやってはいけない」と気をつけていることは?

 しかし、リーグ優勝を達成するようなチームには必ず「縁の下の力持ち」と呼ぶべき選手が不可欠であり、今季の優勝を争う2チームも例外ではない。例としてリバプールならオランダ代表MFジョルジニオ・ワイナルドゥム、シティならブラジル代表MFフェルナンジーニョといった選手たちが、チームを陰ながら支えている。

 英メディア「Squawka」は「2000年以降のプレミアリーグ王者を支えた縁の下の力持ち」と題して特集を組み、歴代王者の“名脇役”たちをピックアップ。メインキャストとして目立つことはなくとも、優勝の立役者となった選手たちにスポットライトを当てた。

>>【PR】UEFAチャンピオンズリーグ&ヨーロッパリーグの「大会情報・日程・視聴方法」をチェック!

page1 page2 page3

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング