ブレーメンFW大迫、復帰戦で1アシストの活躍 オランダ代表MF絶賛「完璧なクロス」

途中出場の大迫(右)が同点弾を演出【写真:Getty Images】
途中出場の大迫(右)が同点弾を演出【写真:Getty Images】

ボルシアMG戦、途中出場で負傷から復帰の大迫 同点弾アシストで存在感を発揮

 日本代表FW大迫勇也が所属するブレーメンは現地時間7日、リーグ第28節でボルシアMGと対戦し、1-1で引き分けた。負傷離脱していた大迫は後半7分から途中出場し、復帰戦で絶妙なパスから同点ゴールをアシストし、同僚MFも「完璧なクロスだった」と絶賛している。ドイツ地元紙「Mein Werder」が伝えた。

 1月のアジアカップで日本代表として戦った大迫は負傷離脱が続いていたが、ボルシアMG戦でベンチ入り。試合は後半4分に先制点を献上する苦しい展開となり、同7分に大迫はFWヨハネス・エッゲシュタインに代わってピッチに立った。

 大迫が存在感を示したのは後半34分だった。左サイドからのクロスボールがこぼれ、右サイドでボールを拾った大迫は中央の状況を的確に見極めて右足クロスを供給。するとタイミング良く走り込んだオランダ代表MFダフィ・クラーセンが頭で合わせて同点ゴールを流し込んだ。試合はそのまま1-1で終了し、ブレーメンは年明けのリーグ戦で11試合無敗(5勝6分)をキープしている。

 途中出場で1アシストと結果を残した大迫に対して、同点弾のクラーセンは「完璧なクロスだった」と日本人アタッカーのプレーを称賛。「ヘディングも上手くいった。ちょうど良いタイミングでそこに入れた」と振り返っている。今季前半戦で主力として稼働していた大迫の復帰は心強い限りのようだ。


page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング