FW大迫勇也、復帰戦1アシストをブレーメン幹部称賛 「なぜ絶対的な選手か見られた」

途中出場の大迫が同点弾を演出【写真:Getty Images】
途中出場の大迫が同点弾を演出【写真:Getty Images】

ボルシアMG戦、途中出場の大迫が同点弾演出 バウマンSDがプレー内容を高評価

 日本代表FW大迫勇也が所属するブレーメンは現地時間7日、リーグ第28節でボルシアMGと対戦し、1-1で引き分けた。負傷離脱していた大迫は後半7分から途中出場し、復帰戦で絶妙なパスから同点ゴールをアシスト。ブレーメンのフランク・バウマンSD(スポーツディレクター)は「なぜオオサコが絶対的な選手なのか、その理由が見られた試合だった」と称えている。ドイツ地元紙「Mein Werder」が伝えた。

 1月のアジアカップで日本代表として戦った大迫は準優勝に貢献するも、クラブに戻ってからは負傷離脱が続き、ボルシアMG戦でついに復帰を果たす。試合は後半4分に先制点を献上したなか、ベンチスタートとなった大迫が同7分にFWヨハネス・エッゲシュタインと代わって投入された。

 ブレーメンが1点を追う後半34分、左サイドからクロスを供給。右サイドでこぼれ球を拾った大迫は、中央の状況を的確に見極めて右足クロスを送った。タイミング良く走り込んだオランダ代表MFダフィ・クラーセンが頭で合わせ、貴重な同点ゴールを流し込んだ。試合はそのまま1-1で終了し、ブレーメンは今年に入ってからリーグ戦11試合無敗(5勝6分)を継続している。

 復帰戦で1アシストの大迫について、ブレーメンのバウマンSDは「今日は、なぜオオサコが絶対的な選手なのか、その理由が見られた試合だった」と言及。さらに「彼はギャップのところで上手く動き、繰り返しボールをつなぎ、最後はアシストもした」とパフォーマンスを高く評価した。

 現在ブレーメンはリーグ戦で8位につけ、23日のDFBポカール準決勝ではバイエルンと対戦する。大迫の復帰はチームにとっても朗報と言えそうだ。


page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング