ファン・ダイクの“ずる賢いセレブレーション”が話題 「完璧なチャンスを見出した」

リバプールDFファン・ダイク(右)【写真:Getty Images】
リバプールDFファン・ダイク(右)【写真:Getty Images】

リバプールDFファン・ダイク、決勝弾直後にボールを場外へ蹴り出すセレブレーション

 リバプールのオランダ代表DFフィルジル・ファン・ダイクは現地時間3月31日、プレミアリーグ第32節でトットナムと対戦し、2-1で競り勝った。ファン・ダイクは1対2の絶体絶命の大ピンチで見事な守備対応を見せるなど、勝利の立役者となった。一方、決勝弾が決まった際に見せたずる賢いゴールセレブレーションにも注目が集まっている。

 ファン・ダイクは、現時点における世界最高のセンターバック(CB)という呼び声が高まっており、今季のプレミア年間最優秀選手の筆頭候補とも評されている。今では、昨年1月にDF史上最高額となる7500万ポンド(約110億円)の金額ですら“バーゲン価格”と表現されるほどの絶対的な存在として立場を確立している。

 トップ6のライバルでもある強豪トットナムとの一戦でも、そのワールドクラスのディフェンスを披露。素早いカウンターを仕掛けられた際、相手FWソン・フンミン、MFムサ・シソコの2人に抜け出され、自陣に構えていたフィールドプレーヤーはファン・ダイクのみという1対2の大ピンチを迎えた場面でも、冷静かつ的確な判断で可能性の低いシュートへと誘導する見事な守備対応を見せていた。

 オランダ代表CBの完璧なディフェンスに世界各国から多くの称賛が寄せられた一方、後半45分にオウンゴールにより手にした劇的な決勝弾の場面で、ファン・ダイクが見せたずる賢いゴールセレブレーションにも注目が集まっている。

【PR】初月は無料期間! DAZNの見逃し配信で最新試合をチェック!

>>【PR】UEFAチャンピオンズリーグ&ヨーロッパリーグの「大会情報・日程・視聴方法」をチェック!

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング