市場価格が「溶け出している!」 香川の同僚2人の評価暴落ぶりに現地メディアが言及

(左から)GKカリウス、MFオジャクプ【写真:(C)BesiktasJK&Getty Images】
(左から)GKカリウス、MFオジャクプ【写真:(C)BesiktasJK&Getty Images】

不調に喘ぐGKカリウスとMFオジャクプ 「2人のスター」の市場価格が下落

 トルコの強豪ベジクタシュは今季、ドルトムントから日本代表MF香川真司を期限付き移籍で獲得するなど、積極的な補強を敢行した。しかし、首位イスタンブール・バシャクシェヒルとは勝ち点11差の3位と厳しい状況。現地メディアは、不調に喘ぐドイツ人GKロリス・カリウスとトルコ代表MFオーウザン・オジャクプの市場価格が暴落していることを指摘している。

 ベジクタシュは現在リーグ戦9試合負けなしと、2019年に入ってから無敗を維持している。しかし、勝ち点3を取りこぼす試合も目立っており、現在は2位ガラタサライに勝ち点5差、首位バシャクシェヒルとは勝ち点11差の3位。優勝争いからは一歩後退している。

 今冬の移籍市場ではドルトムントで出番を失っていた香川を期限付きで獲得し、リーグ戦6試合出場で3ゴール1アシストを記録するなど補強に成功。一方で、トルコメディア「Skor」は「ベジクタシュの2人のスター、オーウザン・オジャクプとカリウスが溶け出している!」と見出しを打ち、昨夏に期限付きで加入したカリウス、そして2012年からクラブに在籍する古株のオジャクプの市場価格が暴落していることを指摘している。

「リバプールから期限付き中のカリウスの市場価格は950万ユーロ(約11億8000万円)だったが、700万ユーロ(約8億7500万円)まで暴落している。ベジクタシュでも乏しい出来となっており、リバプールが売却を計画していた理由を学んだ。オジャクプは650万ユーロ(約8億1000万円)から500万ユーロ(約6億2500万円)まで下落している」

【PR】DAZNの画質がクリアーに!生だけでなく、見逃し配信も各試合お楽しみに!

>>【PR】香川真司をDAZN(ダゾーン)で見よう!ネットでの視聴方法はこちら!

page1 page2 page3

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング