バルサFWスアレスの華麗すぎる“スルー股抜き”に海外騒然 「その夜のベストプレー」

バルセロナFWスアレス【写真:Getty Images】
バルセロナFWスアレス【写真:Getty Images】

CL16強第2戦でリヨンのDFマルセロを巧みなテクニックで翻弄して魅了

 バルセロナのウルグアイ代表FWルイス・スアレスが、現地時間13日のUEFAチャンピオンズリーグ(CL)16強第2戦のリヨン(フランス)戦で見せた“妙技”の反響が拡大している。背後を見ず、さらにはボールに触れることなく、股抜きを成功させ、海外メディアも「その夜のベストプレー」「自信が間違っていないことを証明した」と伝えている。

 敵地での第1戦を0-0で終えたバルサは、前半17分にアルゼンチン代表FWリオネル・メッシのPKで先制すると、同31分にはスアレスのお膳立てからブラジル代表MFフィリペ・コウチーニョが追加点。さらに後半にもメッシ、元スペイン代表DFジェラール・ピケ、フランス代表FWウスマン・デンベレと続き、大量5ゴールで勝負を決めた。エースのメッシが2得点2アシストの大活躍を見せたなか、スアレスもテクニックで魅せた。

 前半36分、自陣でフランス人DFクレマン・ラングレから縦パスが入った際、スアレスはマークしていたリヨンDFマルセロに背を向けたままトラップしようとする動きを見せた。しかし、ボールをスルーすると、鋭く左側へ反転。マルセロの虚を突いて股を抜き、そのまま入れ替わって置き去りにしてみせた。

 華麗な“スルー股抜き”に対し、スペイン紙「マルカ」は公式ツイッターで「これはその夜のベストプレーだろう」と称賛。電子版でも「スアレスは相手に背を向けたまま、ボールに触れることなく股抜きを成功させた」と伝えている。

 また、英スポーツメディア「スポーツ・バイブル」も、「ルイス・スアレス、ボールに触れずにリヨンのマルセロを撃破」と見出しを打ち、「リヨンのマルセロを圧倒して、その自信が間違っていないことを証明した」と卓越したテクニックに触れた。また、記事では「(マルセロは)プレミアリーグのウェストハムへの移籍の噂があるが、スカウトが今夜の試合を見ていないことを願っているだろう」と、翻弄されたマルセロについても言及している。

 メッシの圧巻パフォーマンスが脚光を浴びがちだが、スアレスも“第2のエース”として、その実力をいかんなく発揮している。

【PR】イスタンブールの奇跡、史上初のプレミアリーグ対決など過去のUCL決勝を振り返ろう!

>>【PR】UEFAチャンピオンズリーグ&ヨーロッパリーグの「大会情報・日程・視聴方法」をチェック!

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング