神戸の三木谷会長、元バルサMFサンペール加入で野望吐露 「アジアNo1のチーム作る」

サンペールとともに壇上に登場した三木谷会長が野望を語った【写真:Football ZONE web】
サンペールとともに壇上に登場した三木谷会長が野望を語った【写真:Football ZONE web】

元バルサMFサンペールの加入会見で三木谷会長が言及「Jリーグの発展にも貢献したい」

 J1ヴィッセル神戸は7日、今シーズン途中までスペインの名門バルセロナに所属していたスペイン人MFセルジ・サンペールが完全移籍で加入すると発表した。同日に加入会見が行われ、サンペールとともに壇上に登場した三木谷浩史会長は「アジアナンバーワンのチーム作る」と野望を語っている。

 24歳のサンペールはバルセロナ下部組織出身で、2014年にトップチームデビュー。スペインの年代別代表でもプレーした逸材だ。武者修行を積んでいたラス・パルマスで左足首の内側側副靱帯断裂と腓骨骨折の重傷を負い離脱を余儀なくされるも、18年1月にバルセロナへ復帰。しかし今季はスペイン国王杯で1試合、33分間の出場にとどまり、4日に契約解除が発表されていた。

 三木谷会長は「FCバルセロナから若くて才能溢れる選手がヴィッセル神戸に加入することになった。これからさらに世界的プレーヤーとして飛躍する選手をJリーグの神戸に迎え入れることができたことを嬉しく思っている」と獲得にこぎつけた思いを語っている。

 その一方で、クラブとしてのビジョンについても言及。「魅せて強いサッカー、ポゼッションサッカーを大きなスタイルとして徹底していくということで、トップチームのみならず、各カテゴリーのチームもその方針で、アジアナンバーワンのチームを作る」と断言した。

「日本サッカーにも新しく大きなページが開かれたと思い、期待している。彼の才能溢れるプレーを生で見ることができる。このようなことを神戸としてはどんどん実現して、Jリーグの発展にも貢献したい」

 神戸は元ドイツ代表FWルーカス・ポドルスキを擁していたなか、昨夏に元スペイン代表MFアンドレス・イニエスタを補強し、今季は元スペイン代表FWダビド・ビジャを獲得するなどビッグネームを次々と加えている。

 アジアナンバーワンのクラブへ――。そんな野望に向けて神戸が着実に動き出している。

【PR】2019シーズン開幕!今年のJリーグは『ハンパナイ』んです!

>>【PR】DAZNアンバサダーにとんねるずの木梨憲武氏が就任! 特別出演のCMもオンエア開始!

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング