「素晴らしい才能」 神戸加入の元バルサMFサンペール、加入会見で挙げた日本人選手は?

神戸加入会見に出席したサンペール【写真:Football ZONE web】
神戸加入会見に出席したサンペール【写真:Football ZONE web】

7日、元バルサMFサンペールが神戸加入会見に出席 「結果を出すのが使命」

 J1ヴィッセル神戸は7日、今シーズン途中までスペインの名門バルセロナに所属していたスペイン人MFセルジ・サンペールが完全移籍で加入すると発表した。同日に加入会見が行われ、壇上に登場したサンペールはある日本人選手の名前を挙げると、「素晴らしい才能」と称賛している。

 24歳のサンペールはバルセロナ下部組織出身で、2014年にトップチームデビュー。スペインの年代別代表でもプレーし、バルセロナの先輩にあたるスペイン代表MFセルヒオ・ブスケッツの後継者として期待されたが、武者修行を積んでいたラス・パルマスで左足首の内側側副靱帯断裂と腓骨骨折の重傷を負い離脱を余儀なくされた。18年1月にバルセロナへ復帰も、今季はスペイン国王杯で1試合の出場にとどまり、4日に契約解除が決定。そして今回、神戸への移籍が決定した。

 加入会見でサンペールは「アジアの中でも屈指の優秀なチームでプレーできることになった。ヴィッセル神戸のユニフォームを着るのは非常に名誉で、このプロジェクトに参加して結果を出すのが使命だと思っている」と意気込みを口にしている。

 その一方でかつてバルセロナの同僚だった元スペイン代表MFアンドレス・イニエスタをはじめ、元ドイツ代表FWルーカス・ポドルスキに触れた一方、1人の日本人選手についても言及した。

【PR】2019シーズン開幕!今年のJリーグは『ハンパナイ』んです!

>>【PR】DAZNアンバサダーにとんねるずの木梨憲武氏が就任! 特別出演のCMもオンエア開始!

page1 page2 page3

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング