ブリーラム監督、ACL浦和戦へ警戒人物を名指し「危険な選手」 登録外の細貝にも言及

浦和戦の前日記者会見に臨んだバンドビッチ監督【写真:轡田哲朗】
浦和戦の前日記者会見に臨んだバンドビッチ監督【写真:轡田哲朗】

公式戦3試合未勝利の浦和について「むしろ我々にとって危険な瞬間だと思っている」

 J1浦和レッズとAFCチャンピオンズリーグ(ACL)のグループリーグ初戦(6日)で対戦するブリーラム・ユナイテッド(タイ)のボジダル・バンドビッチ監督が5日に試合前日記者会見に臨み、浦和についてFW興梠慎三を要警戒の選手としながら「前線からプレスをかけ、戦術的に上手く戦いたい」と試合を展望した。

 ブリーラムはここ6年間でタイのリーグを5回優勝し、昨季のACLではセレッソ大阪などと同組を突破してベスト16に入った。2013年には8強進出の経験も持つ、タイの名門クラブだと言えるチームだ。バンドビッチ監督は「ご存知の通り、簡単な試合はない。相手は良い選手の揃った規律の取れたチーム。小さなことが勝敗を分ける。選手たちには頭のスピードを上げて判断良くプレーしてほしい」と語った。

 浦和も大会7回目の出場と経験は豊富だが、ブリーラムとの直接対決は初めて。浦和は今季公式戦で3試合連続未勝利のなか、浦和への警戒ポイントを問われたバンドビッチ監督は興梠の名前を挙げつつ、浦和が勝利していない状況を危険なものと捉えているようだ。

「最初に言いたいのはチーム全体が素晴らしいということ。興梠は危険な選手だ。前線からプレスをかけ、戦術的に上手く戦いたい。そうした準備をすることが必要だ。監督としては1人の選手というよりもチーム全体として捉える。最も重要なのは浦和がとても良いチームであるということ。3試合勝利がない状態であるにせよ、むしろそれは我々にとって危険な瞬間だと思っている」

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング