「昔のように」 神戸ビジャ、イニエスタ&トーレスとの“日本再会3ショット”初出しで海外反応

神戸FWビジャ【写真:Getty Images】
神戸FWビジャ【写真:Getty Images】

鳥栖戦で元スペイン代表トリオが邂逅 ビジャとトーレスがツイッターに投稿「再会」

 2日に行われたヴィッセル神戸とサガン鳥栖の一戦では、神戸にFWダビド・ビジャ、MFアンドレス・イニエスタ、FWルーカス・ポドルスキ、鳥栖にはFWフェルナンド・トーレスと4人のワールドカップ(W杯)優勝経験者が同時にピッチに立った。試合はビジャの日本初ゴールで神戸が1-0と勝利したなか、試合後にはビジャ、イニエスタ、トーレスの“スペイン3人衆”が一堂に会し、海外メディアも「昔のように」と報じている。

 神戸は開幕戦に続き、ビジャ、イニエスタ、ポドルスキの“VIPトリオ”がスタメン出場。ビジャを3トップの中央、“ゼロトップ”だったイニエスタをトップ下で起用する布陣でホーム開幕戦に挑んだ。対する鳥栖はトーレスが2トップの一角で先発出場し、ピッチには元スペイン代表が3人、W杯優勝経験者4人が同時に立つ豪華なメンバーとなった。

 試合は神戸が主導権を握り、後半9分にビジャが鳥栖のミスを突いて日本初ゴールを奪い、1-0で勝利。ホーム開幕戦を白星で飾った。殊勲のビジャは試合翌日の3日、自身の公式ツイッターで、鳥栖戦後に同胞イニエスタ、トーレスとスタジアム内で撮影した3ショットを投稿。肩を寄せ合い、笑顔を浮かべており、「再会!!!」と綴るとともに、「8」「9」「7」と並ぶ順番通りにそれぞれの背番号を記した。

 神戸加入以降、ビジャがイニエスタ、トーレスとJリーグでプレーする同胞との3ショットを自身のSNSで投稿するのは初。米スポーツ専門テレビ局「ESPN」のスポーツ情報番組「スポーツセンター」も公式ツイッターで「昔のように、イニエスタ、“神の子”トーレス、ビジャが集結」と元スペイン代表トリオの再会模様を伝えている。トーレスも自身の公式ツイッターに3人で会話を交わすショットを投稿しており、3人は戦友であり、“心友”でもあるようだ。

【PR】2019シーズン開幕!今年のJリーグは『ハンパナイ』んです!

>>【PR】DAZNアンバサダーにとんねるずの木梨憲武氏が就任! 特別出演のCMもオンエア開始!

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング