アルゼンチン代表FWイカルディの“代理人妻”を母国紙批判 「キャリアが妨げられてきた」

FWイカルディ、代理人であり妻のナラさん【写真:Getty Images】
FWイカルディ、代理人であり妻のナラさん【写真:Getty Images】

インテルFWイカルディの代理人であり妻ワンダ・ナラさんの行動を批判の対象に

 インテルのアルゼンチン代表FWマウロ・イカルディは、現在クラブとの契約延長交渉のもつれでキャプテンを剥奪され、さらに試合への招集外が続く状況にある。その一因として代理人であり妻のワンダ・ナラさんの言動が挙げられるが、母国アルゼンチンの有力紙「オレ」もまたワンダ・ナラさんの行動に批判を強めている。

 イカルディは2012-13シーズンをサンプドリアで過ごし、13年夏にインテルに移籍したが、サンプドリア時代のチームメートであるFWマキシ・ロペスの妻だったのがワンダ・ナラさんだった。イカルディとは不倫関係にあり、14年に“略奪婚”となったものの、アルゼンチン代表のレジェンドであるディエゴ・マラドーナ氏を筆頭にしたバッシングは続いた。

 さらにワンダ・ナラさんが、イカルディとの夜の生活を赤裸々にメディアに語るなど奔放な言動を繰り返したことも逆風を強くした。それでも、イカルディは妻としてだけでなく代理人としても信頼を寄せてキャリアを形成している。

 そのうえ、ワンダ・ナラさんの発言は特にSNS上において非常に攻撃的なものがある。インテルやその当時の監督、チームの選手などに批判的な言動をすぐに投稿してしまうため、それがニュースとして取り上げられることが少なくない。その状況を、オレ紙は厳しく批判している。

【PR】毎週末繰り広げられる全世界の熱戦。プレミア、リーガ、CL…あなたのスマホでDAZNを!

>>【PR】UEFAチャンピオンズリーグ&ヨーロッパリーグの「大会情報・日程・視聴方法」をチェック!

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング