乾貴士、アラベス移籍後初ゴールが殊勲の決勝弾! スペイン紙「得点感覚を取り戻した」

決勝点を決めた乾【写真:Getty Images】
決勝点を決めた乾【写真:Getty Images】

敵地ビジャレアル戦で決勝ゴール、2-1の勝利に貢献

 日本代表MF乾貴士が、アラベス移籍後初ゴールを貴重な決勝ゴールでマークした。現地時間2日に行われたリーガ・エスパニョーラ第26節ビジャレアル戦で後半40分までプレー。同32分には勝ち点3をもたらす決勝ゴールを決め、2-1の勝利に貢献した。

 来季のUEFAヨーロッパリーグ(EL)圏内どころか、UEFAチャンピオンズリーグ(CL)出場権獲得をも見据えるアラベスで、乾は4試合連続の先発となり右サイドに入った。前半は残留争いにあえぐビジャレアルがシュートを狙うシーンが目立ったが、アラベスは後半9分にCKからDFギジェルモ・マリパンのヘディングシュートで先制ゴールをゲットした。

 ホームで負けられないビジャレアルは同16分、ゴール前での混戦でハンドがあったとして、VAR判定の末にPKを獲得。これを元スペイン代表MFサンティ・カソルラが冷静に決めて同点とする。ゲームが振り出しになったなかで、その後ビジャレアルが決定機を迎える場面があったが、大仕事をしたのは乾だった。

 同32分、左サイドへのサイドチェンジをMFホニが拾ってゴール前にラストパス。マイナス気味となったこのボールをファーサイドから詰めた乾が左足で合わせると、シュートはループ気味の軌道を描きネットを揺さぶった。

 乾はその4分後にもスルーパスでチャンスを演出するなど、チームに欠かせぬ一員であることを証明し、チームの2-1勝利に貢献。アラベスはこの勝利によって暫定4位に浮上した。スペイン紙「マルカ」も、「タカシ・イヌイがヨーロッパへの夢をもたらした」とのタイトルで、このように記している。

「タカシ・イヌイは今シーズンの前半戦こそ、レアル・ベティスであまり多くの喜びを得ることはできなかった。しかし彼はバスク地方のクラブに戻り(以前の所属はエイバル)、エスタディオ・デ・ラ・セラミカ(ビジャレアルの本拠地)で決勝点を奪うことでゴールの感覚を取り戻した」

 アジアカップ後にベティスから移籍し、アベラルド監督の信頼を得てレギュラーを獲得した乾。この日の決勝点で、その立ち位置をさらに確立したと言ってよさそうだ。

【PR】毎週末繰り広げられる全世界の熱戦。プレミア、リーガ、CL…あなたのスマホでDAZNを!

>>【PR】香川真司をDAZN(ダゾーン)で見よう!ネットでの視聴方法はこちら!

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング