“スペイン人対決”に敗れた鳥栖FWトーレス 神戸の攻撃に「脅威」を感じた点とは?

鳥栖FWトーレス【写真:Noriko NAGANO】
鳥栖FWトーレス【写真:Noriko NAGANO】

神戸の攻撃をしのぐも不運なミスから失点 トーレスもシュート1本に終わり開幕2連敗

 サガン鳥栖の元スペイン代表FWフェルナンド・トーレスは、2日に行われたJ1リーグ第2節ヴィッセル神戸戦で、長年スペイン代表で共闘した同胞のMFアンドレス・イニエスタ、FWダビド・ビジャと対戦。守備に回る時間が長く、自身もシュート1本に終わって0-1で敗れたなか、トーレスが“脅威”に感じたこととは――。

 鳥栖は5バック気味の守備的な布陣で、ビジャ、イニエスタ、元ドイツ代表FWルーカス・ポドルスキと強力なメンバーが揃う神戸に立ち向かった。しかし、開幕戦の“ゼロトップ”から本来のトップ下に戻ったイニエスタにボールを集められ、DF西大伍、DF初瀬亮の両サイドを使った攻撃に押し込まれる展開が長く続いた。

 ビジャのクロスバー直撃のシュートもあったなかで、前半はなんとか無失点で切り抜けた鳥栖だったが、後半9分に最終ラインのクリアミスからビジャに日本初ゴールを許してビハインドの展開に。FW金崎夢生はサイドに流れて何度かドリブル突破で敵陣のペナルティーエリア内まで入り込んだ一方、トーレスは相手の厳しいマークで思うようにボールを収められず。神戸のボールホルダーにプレスをかけに行ったなかで味方のサポートがなかった際には、厳しい表情で身振り手振りを交えてチームを鼓舞した。

「相手(神戸)はしっかりボールを持つようなスタイル。自分たちが守備に回ったのは事実。不運な形で失点してしまって、攻撃の部分は自分たちがより良くなっていかないといけない」

 このように語ったトーレスは、同胞であり、スペイン代表で世界一に輝いたメンバーのイニエスタとビジャとの対戦について「親友・パートナーとピッチの上でやれるのは素晴らしいこと」と感想を述べたうえで、神戸の攻撃に脅威を感じていたことを明かした。

【PR】2019シーズン開幕!今年のJリーグは『ハンパナイ』んです!

>>【PR】DAZNアンバサダーにとんねるずの木梨憲武氏が就任! 特別出演のCMもオンエア開始!

page1 page2 page3

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング